スクリーンショットとは? スマホ・PCでの撮り方

PCやスマホにある、スクリーンショットという機能をご存知でしょうか。スクリーンショットはPCやスマホでその画面を撮影する機能です。デバイスによってスクリーンショットを撮影する方法はさまざまです。今回はデバイスごとに分けてスクリーンショットの撮影方法を説明していきます。

スクリーンショットとは?

スクリーンショットはPCやスマホの画面の一部、または全体を撮影した画像です。略してスクショとも呼ばれます。スクリーンショットを撮ることにより、自分がデバイスに移した画面を保存して、不具合の問い合わせの際に参考資料として添付したり、動画の一場面を切り取って楽しんだりできます。

機種やデバイスによってスクリーンショットの撮り方は様々です。それぞれ説明していきます。

PCでスクリーンショットを撮る方法

PCでスクリーンショットを撮る場合、大抵はキーボード操作で撮影します。しかし機種によってはキーボードの構造も違うので、それぞれの使い方をご紹介します。

Windowsの場合

Windowsの場合、キーボードの端の右上にある、「Print Screen」というボタンを押すことでスクリーンショットを撮ることができます。

しかし、キーボードの種類によっては、「Print Screen」のボタンが「PRTSC」というボタンになっていたり、「End」というボタンと一緒になっていたりする場合があります。この場合は、「PRTSC」と書かれたボタンともう一つ、「FN」キーを押すことによってスクリーンショットの撮影ができます。

撮影したスクリーンショットは、「ペイント」を開いて貼り付ける必要があります。撮影してからペイントを開き、「CTRL」キーと「V」キーを押すと貼り付けられます。貼り付けたらそのまま名前をつけて保存するか、トリミングで必要な部分を切り取るなどの加工をしましょう。

Macの場合

Macの場合は、スペースキーの両側にある「command」キーのうちどちらか一つと、「Shift」キーと「3」キーの3つを同時に押します。これで画面全体のスクリーンショットが撮影され、デスクトップに画像ファイルが作成されます。

画面の一部を撮影する場合は、先ほどのキーの組み合わせの「3」キーを「4」キーにして押します。すると十字型のポインタが現れるので取りたい範囲をドラックして選択します。マウスのボタンを離せば撮影が完了し、画像ファイルが作成されます。

スマホでスクリーンショットを撮る方法

スマホでスクリーンショットを撮るためには、ボタンを同時推しするか、スマホの設定を変える必要があります。また、スマホで撮った写真をMacに保存する方法もあります。これによりスマホで撮ったスクリーンショットをPCに送る手間が省けます。

iPhoneの場合

iPhoneでスクリーンショットを撮るには、iPhone本体の上にあるスリープボタンと、画面の下の方にあるホームボタンを同時押しします。スクリーンショットは「写真」アプリに保存されているので確認してみてください。

同時押しが難しく、手間であるのならばiPhoneの設定を変える必要があります。ホームから「設定」を選び、「一般」をタップします。そして「アクセシビリティ」をタッチし、「Assistive Touch」という項目をオンにします。そして「最上位メニューをカスタマイズ」でアイコンを「カスタム」のみにして「スクリーンショット」を選択します。

これで、iPhoneで画面のアイコンを一つタップするだけでスクリーンショットを撮ることができます。

Androidの場合

Androidでスクリーンショットを撮るには、電源ボタンと音量ダウンボタンを同時に長押しします。撮影ができると、画面が光ったり、一瞬点滅するようなエフェクトが入ります。通知領域に結果が表示され、そこからギャラリーへ飛んですぐに確認することも可能です。

しかし、端末によっては、異なる操作で撮影する場合もあります。電源ボタンの長押し、電源ボタンとホームボタンの同時長押し、キャプメモ機能により画面の端部をなぞって撮影など、さまざまあります。

iPhoneのスクリーンショットをMacに保存する方法

iPhoneで撮影したスクリーンショットをPCに送るのが面倒な場合、iPhoneをPCに接続しながらスクリーンショットを撮ることによってその手間が解消されます。

実行する前に、Mac側では「Xcode」というアプリをインストールしておく必要があります。このXcodeは、アプリケーションを開発するためのソフトで、iPhoneでの動作確認ができるようにデバイス接続をして動かすことが可能になっています。

スクリーンショットを撮る方法について説明していきます。まず、iPhoneをMacに接続したら、新規でも既存のものでもいいのでXcodeのプロジェクトを開きます。そしてメニューバーの「Window」タブから「Devices」タブを選び、iPhoneの接続を確認します。

「DEVICES」と書かれたデバイス一覧にあるiPhoneのアイコンをクリックします。そして、撮りたい画面をiPhoneで開いて「Take Screenshot」を押せば撮影完了です。

撮影したスクリーンショットはMacのデスクトップに画像ファイルとして保存されます。


イベント