Javaで配列の宣言と初期化を行う

Java で配列変数を使用するときは、まず変数の宣言を行わなければなりません。ここでは、配列の宣言と初期化の方法について説明します。

配列の変数を宣言する

配列の変数を初期化する構文は以下の通りです。

型名[] 変数名;

この構文は配列の変数を宣言するだけであり、この状態では実体は存在しません。たとえば int 型で変数名が a の配列を宣言するときは以下のように記述します。

int[] a;

配列を初期化する

配列を初期化する構文は以下の通りです。

型名[] 変数名 = new 型名[要素数];

たとえば int 型の変数を宣言し要素数3で初期化する場合は、以下のように記述します。

int[] a1 = new int[3];

// 変数宣言と初期化を別にすることも可能です
int[] a2;
a2 = new int[3];

このとき、a1[0], a1[1], a1[2] にはすべて 0 が格納されています。new で配列を初期化した場合は、その型クラスのデフォルト値で初期化されます。

もちろん String 型のような参照型の配列も同様に初期化することが可能です。

String[] a = new String[2];

String 型の場合は、すべての要素が null で初期化されます。

また、以下のようにして要素の数値を指定して初期化することもできます。

型名[] 変数名 = {値1, 値2, ...};

この場合は配列の要素数を指定する必要はありません。括弧 {} で指定した要素の数だけ自動的に確保されます。

以下は int 型の変数を宣言し、初期化する例です。

int[] a = {1, 2, 3};

System.out.println(a[0]); // 1
System.out.println(a[1]); // 2
System.out.println(a[2]); // 3

括弧 { } を使用した初期化の場合は、変数宣言と初期化を別にすると構文エラーになってしまいます。