Javaで文字列を出力する:print(), println()

Java でデバッグ時などに、コンソール画面に文字列を出力する場合があります。ここでは文字列を出力する方法について説明します。

print(), println() の使い方

文字列を出力する場合は print() あるいは、println() を使用します。これらのメソッドの構文は以下の通りです。

System.out.print(表示する内容);
System.out.println(表示する内容);

print() は末尾に改行は付きませんが、println() は自動的に末尾に改行を挿入します。

以下は print() と println() を使用したサンプルです。

class Sample {
  public static void main(String args[]) {
    System.out.print("Hello ");
    System.out.println("World!");

    System.out.print("Hello ");
    System.out.print("Hello ");
    System.out.println("World!");
  }
}

実行結果

Hello World!
Hello Hello World!

上のサンプルでは文字列を引数に指定していますが、式や変数を引数に渡して出力することも可能です。

class Sample {
  public static void main(String args[]) {
    System.out.println(2+3);

    String str1 = "Hello ";
    String str2 = "World!";
    System.out.print(str1);
    System.out.println(str2);
  }
}

実行結果

5
Hello World!

print(), println() で式を指定した場合は、その式の結果が表示されます。


イベント

購読

平日・毎朝更新中