iTunesの楽曲再生時にリピート設定にする方法

iTunesは、パソコンを持っている方ならば誰でも利用することのできるミュージックプレイヤーです。iTunesは見たまま直感的に利用することができるので、初めてミュージックプレイヤーを使用するという方にもおすすめです。

今回は、iTunesで流したい曲のリピート設定をする方法について解説します。

iTunesのリピート設定方法

iTunesのリピート設定には2種類あります。1つ目は1曲のみをリピートをする方法、2つ目はアルバムやプレイリスト単位でのリピートをする方法です。

1曲のみのリピート

1

まずは、曲を再生させましょう。曲をダブルクリックしてもいいですし、右クリックをして「次に再生」をクリックすることで再生をしてもいいです。「次に再生」の項目は、他の曲を流している場合はその次に流れる曲を指定することになりますが、何も流していない場合にこの項目を選ぶとすぐに曲を再生することができます。

2016-08-10_20h16_13

曲を再生すると、iTunesの上部中央に上記画像のような表示が現れます。曲名などの右側に「矢印が回っている」マークが現れますのでこちらを2回クリックしてください。

1度目のクリックで矢印の色が青くなり、2度目のクリックで矢印の左下に「①」のマークが表示されます。このマークが表示されている場合は、現在流れている曲のみをリピート再生するという設定になります。

アルバム、プレイリスト単位のリピート

次に、アルバムやプレイリスト単位でのリピートの設定方法です。1曲単位でのリピートについては、ライブラリで「曲」から選んでも「アルバム」から選んでも問題ありませんが、アルバムやプレイリスト単位でリピートをしたい場合には、そのアルバムやプレイリストから曲を選ぶ必要があります。

アルバムもしくはプレイリストを選択したら曲を流します。前述と同様にダブルクリックなどをして流しましょう。

2016-08-10_20h22_01

さきほどは、2度クリックして矢印の左下に「①」のマークを表示させましたが、アルバムやプレイリスト単位でのリピートの設定の場合は1度のみクリックをして矢印を青くさせます。この状態ですと、最後の曲が終わった後にまた最初の曲から流すことが可能です。

矢印マークが表示されていない場合

矢印のマークが表示されていない場合は、メニューバーの「制御」>「リピート」をクリックすることで表示させることが可能です。「すべて」はアルバムやプレイリスト単位のリピート、「1項目」は1曲のみのリピートの設定になります。

まとめ

一度リピート設定をすると、iTunes自体を終了させるか再生を停止させるまでは曲を流し続けるという設定になるので注意しましょう。好きな曲やずっと聴いていたいアルバムを流したい場合などに、ぜひ使ってみてください。


イベント