iTunesでiPhoneで撮った写真を管理・同期する方法

iPhoneを使って写真を撮影するとついつい溜め込んでしまい、いつのまにかiPhoneの容量を圧迫してしまうことがあります。iPhoneは、Androidと違い外付けのメモリカードを入れるということが出来ないため、写真容量がなくなってしまうと新たに撮影を行うことが出来なくなってしまいます。

そこでおすすめするのはiTunesを利用した写真の管理です。今回は、iTunesを使った写真の管理・同期について解説致します。

iTunesにiPhoneを接続する

1

iTunesをダウンロードしてあるパソコンにiPhoneを接続すると、基本的に自動でiTunesが立ち上がります。ここで上記画像のiPhoneマークをクリックしてみましょう。

すると、接続したiPhoneの概要が表示されます。まずはこの状態にしましょう。

写真の管理、同期をする

2

iPhoneをiTunesに接続すると、iPhoneのアプリやミュージックなどは自動的に同期されます。iTunesの中央上部に「同期中:“○○のiPhone”(ステップ○/6)」といった表示が出てきます。

しかし、写真の同期については自動的には同期がされませんので以下の方法にて管理をすると良いでしょう。

1. iPhoneからパソコンへのコピーなどをする方法

3

簡単なのがフォルダからの管理です。こちらも基本的に、iPhoneをパソコンに繋げた時に自動でiPhoneのフォルダが表示されます。

Internal Storageをクリックしましょう。

4

DCIMというフォルダが表示されるのでこちらをクリックします。

5

写真を様々撮影されている方はいくつかのフォルダが表示されます。こちらで写真の中身を確認してパソコンにコピーをしても良いですし、全てのフォルダをコピーするというのも良いでしょう。

※DCIMフォルダからファイルやフォルダを削除すると、iPhoneからも削除されますのでご注意ください。

2. パソコンからiPhoneへのコピーなどをする方法

6

iPhoneの項目の中から「写真」を選択し、「写真を同期」の左側のチェックボックスをクリックしてチェックを入れます。「写真のコピー元」を選択し、右下の「適用」をクリックすると同期が完了します。

※他のパソコンで使用しているiTunesで同期した写真がiPhoneにある場合、その写真が削除される可能性があります。現在繋がっているiTunesの写真がiPhoneに同期されるので事前にバックアップを取るなど注意が必要です。

3. iPhoneから「写真」アプリへのコピーなどをする方法(Macのみ)

Mac OS X Yosemite 10.10.3より「写真」アプリの提供が開始されています。iCloudフォトライブラリを使用することによって、自動的にパソコンなどに写真をアップロードすることが出来るようになりました。Wi-Fi接続が必要ですのでご自身のWi-Fi環境などをご確認ください。

iPhoneから使用する場合は、iPhoneの「設定」>「iCloud」>「写真」の順に選択し、「iCloudフォトライブラリ」をオンにします。先にパソコンへ手動で同期をしていて、後からiCloudフォトライブラリを使用したい場合は、元々パソコンにあった写真はそのまま残りますが、iPhoneに残っているデータは削除されますのでご注意ください。

まとめ

iTunesを使った、写真の管理・同期については以上になります。数枚であれば、メールやアプリなどを使って送付しカメラロールに保存をしても良いのですが、フォルダごとの大きな同期の場合や手動で同期をしたい場合はこの方法がおすすめです。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square