Excel VBAでシートをアクティブにする:Active

シートをアクティブにするには、Active メソッドを使用します。ここでは、Active メソッドの使い方について説明します。

 Active メソッドの使い方

 Active メソッドの記述方法は以下の通りです。

アクティブにするシート.Activate

Activate メソッドでは、ワークシート名を指定します。シート名は、たとえばシート名が「Sheet1」であれば、 Sheets("Sheet1") か、あるいは、Worksheets("Sheet1")と指定します。

以下は、Sheet1をアクティブにする例です。

Sub Activate_Sample_1()
    Worksheets("sheet1").Activate
End Sub

続いて、インデックス番号でアクティブにする例です。インデックス番号とは、コレクション(同じ要素のまとまり)内の番号のことを言います。例えば、Worksheets(3)は、左から3番目に存在しているシートを指します。それではこれをアクティブにしてみましょう。

Sub Activate_Sample_1()
    Worksheets(3).Activate
End Sub

購読

平日・毎朝更新中