Excel VBAでセルに背景色を付ける:Interior

セルに背景色を付けるには、Interior プロパティを使用します。ここでは、Interior プロパティの使い方について説明します。

Interior プロパティの使い方

Interior プロパティの記述方法は以下の通りです。

1)RGB値で設定します。
    Range(セル範囲またはセル番地).Interior.Color = RGB値

2)ColorIndexプロパティで設定します。
    Range(セル範囲またはセル番地).Interior.ColorIndex = 1~56の数字

以下はそれぞれのセルに背景色としてを設定する例です。

Sub Interior_Sample_1()
    Range("B5").Interior.ColorIndex = 5 '色パレットの5番(青)を設定
    Range("A1:A10").Interior.Color = RGB(255, 255, 0) 'セル範囲 "A:A10" を黄色に設定
End Sub

上の式では、B5のセルの背景色が青色に、A1~A10のセルの背景色が黄色になります。以下で、それぞれの方法を詳しく説明します。

1)RGB値の設定法
    RGB値 = RDG(Red, Green, Blue)
    光の三原色 Red(赤), Green(緑), Blue(青)にそれぞれ、0~256の数値を入れます。

2)ColorIndexプロパティの設定法
 それぞれの色に対応した色番号を1から56 の数値で入れます。


購読

平日・毎朝更新中