Excel VBAでセルのコピー・ペーストする:Copy, Pastespecial

セルのコピー・ペーストするには Copy メソッドと Pastespecial メソッドを使用します。

Copy メソッドと Pastespecial メソッドの使い方

Copy メソッドと Pastespecial メソッドの記述方法は以下の通りです。

Range(セル番地またはセル範囲).Copy 'コピー元の位置または範囲を指定
Range(セル番地またはセル範囲).Pastespecial 'コピー先の位置を指定

以下は実際にセルをコピー・ペーストする例です。セル「A1」を「B2」へコピー・ペーストします。

Sub CopyPaste_1() 
    Range("A1").Copy 
    Range("B1").PasteSpecial 
End Sub 

セル範囲「A1:B2」を「D1」の位置へコピー・ペーストします。

Sub CopyPaste_1()
    Range("A1:B2").Copy
    Range("D1").PasteSpecial
End Sub

セル位置「A1」をセル範囲「D1:F5」へコピー・ペーストします。

Sub CopyPaste_1()
    Range("A1").Copy 'セル A1 の内容をコピー
    Range("D1:F5").PasteSpecial 'セル範囲 D1からF5 へ内容を貼り付け
End Sub