iPhoneで動く写真「Live Photos」を撮影する方法

iOS9からの新機能「Live Photos」では、写真と一緒に、写した前後の時間を動画として残しておくことができるようになりました。写真の前後1.5秒ずつ合計わずか3秒ですが、普通の写真よりも劇的に表現の幅が広がりました。対応しているのはiPhone 6s/6s Plus/SEの3機種のみですが、赤ちゃんの一瞬の表情の変化やしぐさ、ペットの動きなど活躍する場面は多そうです。

今回は、Live Photosの撮影方法について紹介します。

「Live Photos」を撮るための事前準備

「Live Photos」を撮るためには、iPhoneのカメラアプリを設定する必要があります。

まず、「カメラ」アプリを起動します。

fig.1

次に撮影モードを「Live Photo」にします。画面下部の撮影モードをスワイプして「写真」にし、画面上部のストロボ記号やHDRなどが並んでいる中から三重丸(弓の的)のアイコンをタップします。すぐ下に一瞬[LIVE]と表示され、三重丸アイコンが黄色になります。これで撮影準備完了です。

fig.2

「Live Photos」の撮影方法

以上の準備が済んだら、後は通常の写真を撮るときと同様にシャッターを押します。画面上部に「LIVE」と表示されている間は撮影中なので、iPhoneを動かないようにしっかりホールドしておいてください。

シャッターを切ったときに音はなりません。撮影終了時に「ピコ」と小さな電子音が鳴るだけなので、静音撮影の代用にすることができます。ただし、静止画と一緒に動画も撮影されるのでストレージ残量に注意する必要があります。

「Live Photos」を見る方法

撮影した「Live Photos」を見るときは、「写真」アプリで表示させた後、3D Touch対応機種の場合は画面を押し込み、それ以外の機種の場合は画面をロングタップすることで、約3秒の動画を再生することができます。

「Live Photos」から写真だけを取り出す方法

「Live Photos」を利用すると静止画(JPEG)と動画(MOV)の両方がセットで保存されます。撮影対象にもよりますが、データ容量は静止画2~3MB、動画2~4MBといったところです。静止画だけあればよい、という場合はこの動画部分はストレージを無駄に消費してしまいます。以下の方法で消すこともできます。

余計な動画部分を取り去るには、LivePhotosで撮影した写真の複製を作ります。複製は静止画だけを対象に作成されます。その後、オリジナルを削除すればOKです。

まとめ

わずか3秒の動画が写真表現の幅を大きく広げてくれた「Live Photos」。しかし、それに伴って撮影データも大きくなってしまいました。大事なお宝写真だけ「Live Photos」で残し、残りは静止画で保存するのが、ストレージの節約にもなり、お勧めです。


イベント