Webデザイナーがデザインプロセスを導入すべき6つの理由

Klaudia

Klaudiaはイギリスのデジタルエージェンシー、Marvellousのデザイナー。

この記事はMarvellousからの翻訳転載です。配信元または著者の許可を得て配信しています。

6 reasons why a website design process is important (2016-03-01)

多くのWebデザイナーは、それぞれ自分なりのWebデザインのプロセスというものを持っているものです。洗練されているものや、逆に大雑把なものなど人によって千差万別ですが、それぞれで役割を果たしているはずです。

個人的に私はチェックリストマニアなので、私のデザインプロセスでは工程と成果物が明確に定義されたリストを追います。そのリストは、いくつかの例外を除いて、概ね同じパターンをたどればいい様になっています。

もしあなたがまだデザインプロセスを確立しておらず、十分な計画も無しに自分の作品にまっすぐ没頭してしまうような人なら、良く定義されたプロセスを持つ事が(そしてこだわる事が)良い習慣であるという理由について、いくつか述べていきたいと思います。

デザインプロセスを持つことが大事な理由

こまごまとしたタスクを思い出せる

1-reminders

明確に定義されたデザインのプロセスは、あなたがやるべき全ての事のチェックリストです。プロジェクトは様々な形や規模でやってきますが、大体の場合、最終的にはいつもの手順で進めるしかありません。

ムードボードのプロトタイプを作ったり、競合について調査したり、ペルソナやキーとなるユーザーストーリーを考えたり、概要についての書類にクライアントからサインをもらったり、初期コンセプトをスマートなプレゼンにまとめたり、やるべき事は山ほどあります。

いくつかの事は明確である一方(公式に承認を得た初期のスケッチをすっ飛ばして、ロゴを作ることができない、など)、いくつかは簡単に見逃してしまう可能性があります(クライアントの業界についてのリサーチに時間を割く、など)

デザインプロセスは、最終成果物が素晴らしいものになるようにとあなたの手を取って、必要なステップを一つずつ導いてくれるものなのです。

進捗に対する安心を与えてくれる

2-progress

仕事の量がどんどん積み上がって行くとき、締め切りに間に合わなそうなとき、今の仕事があとどのくらいの時間が必要なのかわからなくなったとき…。私たちはパニック状態になります。

このようなときは、手持ちのタスクに集中することはほぼ不可能に思えますし、複数のことを同時にやろうとしてしまい、さらなるトラブルを生む場合だってあります。デザインプロセスはこんなとき、どのくらいの工程がすでに完了していて、どのくらいのやるべきことが残っているのか、あなたに教えてくれます。

そのおかげであなたは簡単に、それぞれのタスクにどのくらいの時間が必要か測ることができ、そして意外と納期に間に合うことに気づくでしょう。あなたの進み具合がどのくらい良いか、そうでないかを知ることはあなたにコントロールの感覚、つまりあなたへの安心を与えてくれます。

はじめの一歩を後押ししてくれる

3-first-step

真っ白なキャンバスを見つめていると、その規模や難度に心がくじけてしまうときがあります。しかし恐れることはありません。

あてもなく筆を執る前に、Webサイトのデザインプロセスは心準備をさせてくれます。

これはドラゴンと戦う準備をするのに少し似ています。最初は、それを考えるだけでもあなたを身震いさせますが、数週間も訓練と準備をすれば、あなたはその時が来るのを興奮するでしょう。

同様に、初期調査と計画を全て完了させると、あなたは最終的に紙の上にアイデアを置くことに夢中になります。

詰まったときに、他にやるべきことを与えてくれる

4-keep-going

ちょうどデザインプロセスがあなたの一歩踏み出すのを助けるように、あなたのインスピレーションが下がってしまったときも、あなたの背中を押してくれます。

クリエイティブになれない期間は誰にでもおこりますが、座り込んで、モチベーションが自然回復するのをじっと待つ代わりに、あなたのクリエイティビティがチャージされている間、あなたは他の領域のやるべき事に集中する事ができます。

いつだって、小さい調査系のタスクや資料作りといった、あなたのうんざりしているものから注意を逸らすタスクがあるものです。もし他にやるべき事がないということであれば、外に出て新鮮な空気を吸いましょう。それがもし効果的であるなら、あなたのクリエイティブプロセスに追加しましょう。

他の人に引き継ぎやすくなる

5-other-designer

特にエージェンシーのような環境では、チーム全体で同じデザインプロセスを持っておくととても便利です。ときに私たちは急な休暇を取らねばならないときがありますが、その間でもプロジェクトは私たちの休暇を待ってはくれません。

このようなとき、他のデザイナーが参画して未完了のタスクを引き受けてくれることがあります。同じプロセスに従うことによって、彼らは即座にやるべき箇所を見つけ、すぐに取り掛かることができます。

クライアントがプロジェクトを把握できる

6-clients

クライアントは支払いの対価として何を得る事ができるか知りたいのであって、サプライズは求めていません。結局、彼らはレストランのメインディッシュではなく、ビジネスのゴールを満たすWebサイトを買っているのです。

あなたのデザインプロセスを示し、都度どういったアウトプットが期待されるのかを明確にしておけば、きっと彼らはあなたのファンになるでしょう。これはちょっとした秘密を共有するようなものです。あなたがそれを早く行えば行うほど、彼らはあなたのチームのために行動するでしょう。

まとめ

以上の6つの理由が、あなたがデザインプロセスの導入を検討するのに十分だと信じています。チェックリストを取り入れ、クリエイティブな現場で発生しがちなカオスな状況を切り抜けましょう!


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square