アウトバウンドマーケティングとインバウンドマーケティングの違い

マーケティングの手法の中に、インバウンドマーケティングとアウトバウンドマーケティングがあります。両者ともに長所と短所が異なるので、マーケティングを成功させるためにも、違いを理解しておくと良いでしょう。

今回はマーケティングの基礎知識と、インバウンドマーケティング、アウトバウンドマーケティングそれぞれについて紹介します。

マーケティングとは

マーケティングとは、商品がより多く、より効率的に販売できるようにするための企業活動の総称です。

その活動は、顧客のニーズを把握する市場調査・商品を作り出す製造・商品を流通させる輸送・商品を扱う保管・顧客に商品を売り渡す販売・顧客に商品を認知し価値を知って貰う宣伝などが含まれています。

意味合いが広いので、人によって捉え方も様々かと思いますが、今回はその中でも「宣伝」にあたるマーケティングについて触れていきます。

インバウンドマーケティングとは

特定の相手へと呼びかける施策です。ホームページやセミナー、ソーシャルメディアなどで情報を求める顧客に対して、有益な情報を継続的に発信する仕組みを作る施策になります。

アウトバウンドマーケティングと違い、売り手側や企業側からアプローチをかける事はなく、顧客側がニーズに合わせて主体的に選ぶスタイルです。

継続する事で顧客の信頼やリピートに繋がる、工夫次第ではコンテンツそのものが売り手市場の要となるケースもある、などのメリットがある反面、顧客側の判断に委ねる形になるので、短期間で成果を挙げるには不向きであるというデメリットがあります。 

アウトバウンドマーケティングとは

主に不特定対数の相手へ呼びかける施策で、ダイレクトメールや広告、展示会、テレコールなどを介して、売り手側から顧客へアプローチを行います。

短期間に多くの顧客に対して情報を発信する事が可能で、短期的な成果を挙げられるというメリットがある反面、多くの顧客を得るために多くの露出が必要になる事や、リピートに繋げる力が弱いなどのデメリットがあります。

まとめ

それぞれにメリットデメリットがあるので、どちらかに偏らせるよりは、両方を利用していくのが賢いやり方のようです。

例えば、アウトバウンドマーケティングを使って知名度を上げ、その情報を元にHPを訪れたユーザーに優良な情報を提供するため、インバウンドマーケティングを利用するなどが考えられます。どちらを使う事がより有効なのか、場面によって使い分けていくとよいでしょう。


イベント