顧客管理システム「CRMシステム」とは?

CRM(Customer Relationship Management)とは、事業の売上や利益に貢献するいわゆる「優良顧客」を増やすことで、ビジネスを軌道に乗せるマネジメント手法の一つです。そして、その取り組みで用いられるのがCRMシステムです。しかし、実際のところCRMシステムの役割を理解しきれず、導入はまだ出来ていないという会社も少なくありません。

今回は、CRMシステムの基本的なことを紹介します。

CRMシステムとは

CRMとは、「Customer Relationship Management」の略であり、日本語では「顧客関係管理」などと訳されます。言葉通りですが、顧客との関係を構築・管理するマネジメント手法のことを指します。そして、その手法で用いられるのがCRMシステムです。各顧客の詳細な属性や問い合わせ情報などをもとにビジネスプランの構築などに活用されています。

CRMシステムのメリット

CRMシステムを導入することによる最大のメリットは、詳細な顧客情報を可視化できることです。各営業が個別に管理している顧客情報というのは各営業が報告を挙げないとわからないという不可視な部分があります。しかし、CRMシステムを使って個別に管理していた顧客情報を一元に集約することで、会社全体で顧客情報を共有することができ、ビジネスの効率化につながると言えるでしょう。

CRMシステムの活用

実際にCRMシステムを活用する際、まずは既存の顧客の情報管理から始めるのが良いと言われています。そして、効果を見ながら見込み顧客(新規顧客)へ広げていくのが基本的な活用方法とされています。

CRMシステムを導入していない企業でも、顧客情報というのは管理されているのが一般的です。しかし、連絡先や購買履歴だけでは詳細な情報はわかりません。

CRMの目的は、顧客それぞれに最適な商品・サービスを提供し継続的な購買を維持することです。CRMシステムには、顧客に関する詳細な情報を正確に蓄積していくことが肝心と言えます。

まとめ

CRMシステムは機能と目的別にいくつかに分かれています。業務が効率的になるようなCRMシステムを選ぶことでよりよい企業に成長できると言えるでしょう。