FTP通信で使われるポート番号

FTPはファイル転送を行うためのプロトコルですが、実際にデータをやり取りする場合にはどんなポート番号が使用されているのでしょうか。FTPには接続の方法がアクティブモードとパッシブモードの2種類あり、それぞれ異なったポート番号が割り振られています。それでは具体的にそれぞれのモードについてご説明します。

アクティブモードの場合

FTPクライアントがFTPサーバにアクセスする際、まずはコントロールコネクションにてユーザ名とパスワードの情報を送信してユーザ認証を行います。そしてアクティブモードの場合、コントロールコネクションでは宛先ポート番号21を使用しています。認証が成功したら実際のデータ転送要求をデータコネクションにて行います。この時には宛先ポート番号20を使用しています。

つまり、アクティブモードの場合ポート番号20と21が割り振られています。ちなみにポート番号0~1023までは特定のサービスやプロトコルが使用するために予約されており、ウェルノウンポート番号と呼ばれています。

パッシブモードの場合

パッシブモードではコントロールコネクションでクライアントが自身の使用するポート番号を通知して接続を開始します。というわけでデータコネクションのポート番号はランダムに割り振られています。

まとめ

FTPで使用されているポート番号は接続のモードによって異なります。そしてファイアウォールでアクセスの制限を緩める必要がある場合、どのポート番号が対象になるのかを慎重に検討する必要があります。セキュリティの観点からも適切なポート番号が割り振られるように設定を行うようにしましょう。


イベント