広告におけるCPM(Cost Per Mille)とは

インターネットの広告業界には、CPCやPPC、CPMといった様々な用語があります。インターネットマーケティングの業界では当たり前に使う言葉ですが、これからインターネットの業界に進出しようと考えている方にとっては、これらの専門用語は一体何を指しているのか、どう違いがあるのか分かりにくいです。

そこで今回は、CPMとはどういった意味を指すのかを、解説していきます。

CPM(Cost Per Mille)とは

CPM(Cost Per Mille)とは、インターネット広告の配信単価の1つで、広告の表示に対して費用が発生する形態のことです。広告表示1,000回あたりの料金をCPMといい、「インプレッション単価」とも呼ばれることがあります。

CPMのMは、 ラテン語で1000を意味するMille(ミル)からきています。CPMが1,000回あたりの料金なのはこのためです。

CPMの計算式

CPM(Cost Per Mille)の費用対効果を算出する計算式は、以下の通りです。

コスト ÷ 表示(インプレッション)数 × 1,000

例えば、20万円のコストで広告を出して、40万回のインプレッション数があった場合は

200,000円 ÷ 400,000回 × 1,000 = 500円

となります。この場合のインプレッション1,000回あたりのコストは、500円ということになります。インプレッション数が多ければ多いほど、CPMは下がっていきます。

まとめ

CPMは、インターネット上に広告を出す際の費用効果を算出する重要な指針です。広告表示を行っている場所が最適なのか、コストに見合っているのかを確認するためにも、覚えておきましょう。


イベント