LPとは? ランディングページの作成方法

インターネットで商品やサービスを売ろうとした時、「いかに商品(サービス)に興味を持ってもらえるか」が重要な項目であると言えます。商品・サービスを販売する際や、そのものに対しての問い合わせを増やす為につくるページのことを「LP(ランディングページ)」といいます。

今回は、このLPとはどういうものなのか、作成する際の注意点などについてまとめてみました。

LPとは

1

LPとは、Landing Page(ランディング ページ)の頭文字をとったもので「エルピー」や「ランペ」などと呼ばれます。インターネットに表示された広告をクリックした際に表示される最初のページのことを指します。

例えばGoogleやYahoo!などでキーワードを検索すると「広告」と表示されたテキストがいくつか表示され、次に検索した結果が表示されます。このうち「広告」と表示されたテキストをクリックした際に表示されるのがLPです。

検索結果から表示されるのは、通常のホームページと考えましょう。

LPと通常のホームページの違い

では、LPは通常のホームページと違うのかというと全く別物と考えましょう。

LPは、「広告に興味を持ってクリックしたユーザーが最初に見るページ」です。
通常のホームページは「キーワードで検索した結果表示されるページ」です。

一見同じ様に見えますが、ホームページには多くのページがあるのが一般的ですのでキーワードで検索した結果表示されるのはごく一部のページです。しかし、LPは最初に表示されるページの為、その商品(サービス)について他のページに移らなくとも求める情報を1ページにまとまっているものと考えると良いでしょう。

LPの作成方法

なぜLPを作るのか

物やサービスを売るためには、その物やサービスを必要としているユーザーに最適化した接客を行うことが重要です。インターネット上では直接接客ということはほぼ行うことがない為重要なのは「いかに見やすく必要な情報を与えられるか」ということが接客の代わりとなると言えます。

もちろんサイト自体を変えるのも良いですが、一度作り上げたサイトを変えるのはなかなかコストがかかるものです。そこでLPを作ることで、特定のユーザーにとって最適なページをコストを抑えて作ることが出来ると言えます。

目的によって変える

LPの形態は、「商品・サービスの特性」や「目的」に応じて作ることが重要と言えます。

目的 LPの特徴
商品を売りたい 商品写真や情報を多めにする
B to B商品を売りたい 機能一覧、比較表をつくる
エステなどのサービスを売りたい イメージを掴める写真を多めにする
無料会員を増やしたい 簡単で短い必要事項のみのページにする

上記の様に、目的によってLPを作り変えることが重要と言えます。

まとめ

インターネットでは、実際にものを手に取って見てもらうということが出来ません。いかにその商品やサービスを知ってもらえるかが重要となります。

その為、LPで写真や情報をわかりやすくまとめて作り、ユーザーにいかに信頼してもらえるかが大事だといえるでしょう。