HTTP404(Not Found)の原因と対処法

HTTP404エラーは、ホームページを運営している人だけでなく、インターネットをよく見る人も、目にしたことがあるエラーだと思います。今回は、そんなHTTP404が表示されてしまった時に役立つ、HTTP404の原因と対処法について紹介します。

ホームページを運営している人は、特に確認してみるとよいでしょう。

HTTP404エラーの発生原因と対処法

HTTP404エラーは、URLにアクセスしてもページが発見できなかった際に表示されます。この場合、主な原因と対処法は以下のとおりです。

URLのつづりが間違っている場合

URLから該当ページへ、ダイレクトにアクセスした時にHTTP404が表示されている場合は、URLのつづりを間違えている可能性があります。URLのつづりを見直してみましょう。

リダイレクト設定が間違っている場合

ドメインを移管したり、ページを削除した場合、別のURLに移動させる301リダイレクト設定をすることがあります。この301リダイレクト設定が正しくないと、404エラーが発生してしまいます。301リダイレクト設定の見直しをしましょう。

埋め込みコンテンツ内のURLを読み込んでいる場合

Googlebotは、埋め込みコンテンツの中のリンクを認識し、クロールすることがあります。クロールエラーは、Googleが表示されないよう改善をしているので、特別な対処をしなくても問題ありません。

まとめ

404エラーは、URLのつづり間違いや、リンクの設定間違いなど、ケアレスミスが原因であることが多いです。そのため、一度自分のタグを見直してみるといいでしょう。404エラーの解決の糸口になります。


イベント