HTTP401(Unauthorized)の原因と対処法

HTTP400番台はエラーコードと呼ばれる類のコードで、その中でもクライアント側に原因があるものを指します。

今回はエラーコードの1つであるHTTP401について説明していきます。

HTTP401の意味

HTTP401は「アクセス権がない、または認証に失敗しました」という意味のコードです。アクセス権がないというと、「アクセスが禁止されている」という意味をを表すHTTP403と似ているようですが、HTTP401は、「認証に失敗した」という意味合いが強いので、この説明で覚えておくとよいでしょう。

ここで言う認証とは、IDとパスワードを入力してページにアクセスする事です。その認証が何らかの理由で失敗してしまった場合に、このエラーコードが表示されます。

HTTP401の原因

HTTP401の原因として考えられるものは、以下に挙げるものが考えられます。

IDとパスワードの入力間違い

IDとパスワードを間違えてしまうと、このエラーが表示されます。

サーバー側の問題

正しいものを入力してもこの表示が出る場合は、サーバー側に問題があることが考えられます。

HTTP401の対処法

HTTP401の対処法は、正しいIDとパスワードを入力することです。それでもページにアクセスできない場合は、しばらく時間を置いてから再度アクセスを試みてください。

IDとパスワードを忘れた、紛失したなどした場合は、何らかの手段で管理者と連絡を取り、IDとパスワードの照会をしてもらうか、新しいIDとパスワードを取得しましょう。

まとめ

HTTP401の対処法は簡単で、「正しいIDとパスワードを入力する」、「しばらく待つ」の2つだけです。HTTP401のエラーにあわないためにも、IDとパスワードは忘れないようにしておきましょう。


イベント