HTTP403(Forbidden)の原因と対処法

今回は、エラーコードの一種であるHTTP403の原因と対処法について説明していきます。クライアントに問題がある場合と管理者側に問題がある場合があるので、それぞれ確認していきましょう。

HTTP403の意味

HTTP403は、「アクセスが禁止されている」という事を表しています。

HTTP403の原因

HTTP403の原因として考えられるのは、「クライアント側が何らかの理由から、管理者によってアクセスを禁止されている場合」と、「管理者側のサーバーやプログラムミス」の2つが考えられます。

管理者によってアクセスが禁止されている

何らかの理由があって、管理者がクライアントのアクセスを拒否設定にしている、ということが考えられます。管理者側がアクセスを制限する理由は様々あるので、直接問い合わせてみるのが良いでしょう。

管理者側のサーバーやプログラムの問題

サーバーに負荷がかかってアクセスしにくくなっていたり、管理者によるプログラムの設置場所が間違っていたりした場合にも、このエラーコードが返ってくることがあります。

HTTP403の対処法

クライアント側と、管理者側の場合に分けて説明します。

クライアント側の場合

クライアントに対して、アクセス不可が起きている場合は、アクセスを諦めるしかありません。サーバー側に問題がある場合には、時間を置いてアクセスを試みるといいでしょう。もし管理者に連絡する手段があれば、管理者にエラーが出ている旨を伝えてみてください。

管理者側の場合

管理者側で問題がある場合は、プログラムの設置場所を見直したり、.htaccessファイルに異常がないかを確認しましょう。何らかの問題が見つかるはずです。

まとめ

HTTP403の原因と対処法について説明してきました。HTTP403エラーがでてしまう場合の原因は、様々あるので場合に応じて対処するようにしてください。


イベント