HTTP500(Internal Server Error)の原因と対処法

HTTP500番台のコードは通称エラーコードと呼ばれており、サーバーや管理者側に問題があることを示しています。

今回はエラーコードの1つであるHTTP500について、その原因と対処法を説明していきます。

HTTP500の意味

HTTP500(Internal Server Error)は、インターネットのサーバー内部にエラーが出ていて、ページにアクセスすることが出来ない状態になっていることを表しています。

HTTP500の原因

HTTP500の原因として考えられるものを紹介します。

記述や設定が間違っている

CGIやPHP、.htaccessの記述に間違いがあったり、パーミッションの設定方法に間違いがあったりすると、このエラーが出てくることがあります。

複数のドメインでブログ等を運営しているため、負荷がかかっている

複数のサイトを運営している場合、費用節約のために、同一アカウントで別のドメインを取得してページ作成をすると、CGIも複数動く事になるので負荷がかかることがあります。

CGIの負荷によってエラーが出てしまっていると、同一アカウント上の別ドメインのサイトにもエラー表示がされます。

HTTP500の対処法

HTTP500の対処方法をそれぞれ説明していきます。

CGIやPHPなど、プログラムの記述を見直す

プログラムの記述方法に問題があった場合、パージは上手く表示されなくなります。エラーが出た場合には、まず記述に誤りがないかを確認してください。

パーミッションの数値を確かめる

閲覧権限を操作するパーミッションの数値を見直してください。適切でない場合に、エラーが出ている可能性があります。

サイト運営を見直す

サイト内のページを軽いものにしたり、複数のテーマを統合してサブアカウントをできるだけ減らしたりするなど、サイトの見直しをしましょう。同一アカウントで、複数のドメインを使ってサイトを運営すると、CGIに高い負荷を開ける恐れがあります。

まとめ

HTTP500は管理者側に問題のある典型的なエラーコードです。エラーの報告が閲覧者から送られて来た場合には、記述から運営方針まで幅広い原因があることを考えてください。


イベント