ポーターの5F分析(ファイブ・フォース)とは?

 5F(ファイブ・フォース)分析とは、業界内の競争状態を決定する5つの要因から脅威を発見するフレームワークのことです。5C分析などと共に、よく使われます。

5F分析では、「企業の競争は、どのようなことから生まれるのか? 」という点に着目します。

5つのF(フォース)とは

企業は、自社の戦略の策定にあたって、外部環境分析と内部環境分析を行います。5フォースは、外部環境分析のうち「事業環境」の分析を行うためのフレームワークです。

これを考案したマイケル・E・ポーター教授は、経営戦略を考えるうえで「業界の競争状態」=「競争要因」を知ることが重要であると説き、次の5つの脅威を抽出しました。

5forces_01


既存同業者との敵対

事業を営む上で、競合他社は必ず存在しており、同業者との間には、敵対(競合)関係が生まれます。たとえば、競争が非常に激しい業界には、以下のような特徴があります。

  • ライバル数が多く、影響力も同じレベル
  • 成長率が鈍くシェア争いになっている
  • 撤退障壁が高い 

新規参入者の脅威

新規参入が起こることで、業界の潜在的な利益を圧迫します。新規参入者は、シェアを獲得するために、低価格コストでの市場シェア拡大や投資を積極的に行います。

代替品の脅威

今あなたが展開している商品や、サービスに変わる新たなものが代替品です。代替品の一例に、食品のナショナルブランド(NB)からプライベートブランド(PB)への転換などがあります。

売り手の交渉力

あなたが商品やサービスをつくる際に使用する、原材料や部品の供給業者(サプライヤー)が「売り手」となります。売り手が交渉力を持つと、仕入れの値段が釣り上げられるなど、思ったとおりの条件での入手が叶わなくなる恐れがあります。

買い手の交渉力

買い手とは、あなたの商品やサービスを購入する顧客のことです。買い手は、値下げや質の向上を迫ることがありますが、この傾向が強くなるほど、業界内の競争が激化し、業界全体の収益性が下がります。

まとめ

5F分析では、業界の競争の構造と、収益性の主な要因を把握することで、今ある脅威から収益の減少を防ぐことや、新たな脅威への対策を検討するといった措置を講じることができます。

また、実務においては、事業計画書やマーケティング戦略を考える際のフレームワークとして使用し、プレゼン資料に含めることで、業界環境の理解を共有することができます。


イベント