広告におけるCPM(Cost Per Mile)とは

今日のマーケティング活動では、インターネット広告に対する理解も欠かせないものになっています。インターネット広告の主な指標の1つであるCPM(Cost Per Mile、コスト・パー・ミル)と、その特徴について確認しましょう。

CPM(Cost Per Mile)とは

CPM(Cost Per Mile)とは、インターネット広告の配信単価の種類の1つです。

Mileとはラテン語で1,000を表す「mille」から来ており、1CPMとは、表示1,000回あたりの料金(単価)を示しています。

CPMの費用対効果の算出方法

CPMの費用対効果の算出方法は以下を参考にしてください。

cpm_01 

表示(インプレッション)について

表示(インプレッション)とは、広告そのものが表示された回数です。CPMはインプレッション課金とも呼ばれており、クリック課金(CPC)と区別されています。

広告の目的として、クリックして次のページに遷移する(ひいては広告の遷移上で購入や資料請求を行う)ことより、表示された広告そのものを見せる・読ませることで、情報を告知することが狙いです。このため、画像やFlash、動画などによるディスプレイ広告で多く用いられています。

クリックとインプレッションの関係

インプレッション数と無関係であるクリック回数で料金が決まる広告でも、CPMを算出することができます。

クリック率が高そうなものはCPCで買うよりもCPMで買った方が得になることがあり、逆にクリック率が低いと予想できるものは、CPMで買うよりもCPCで買った方が割安となることがあります。

ページビュー(PV)とインプレッションの関係

インプレッションは、あくまでも「表示」に関する回数であるため、次のようなレイアウトのページに2か所広告を掲載・表示した場合は、このページにアクセスが起きて1PVがカウントされるごとに、2インプレッションがカウントされます。

 cpm_02

まとめ

CPM(Cost Per Mile)とは、インターネット広告での単位で、表示回数1,000回(1,000インプレッション)あたりの料金です。

クリック回数で課金が発生する(CPC)とは、インプレッションあたりでの広告効率を比較することで、費用対効果を比較することができます。