インターネット広告における「CPC」の意味とは

インターネット広告界隈で頻繁に耳にする「CPC(Cost Per Click、コスト・パー・クリック)」。「クリック課金型(Pay Per Click)広告」に用いられる主な指標のひとつです。

ちなみにクリック課金型広告とは、画像バナーやテキストによる広告1クリックにつき広告料金が発生する広告システムのことです。

今回は、「CPC」の意味や基本的な特徴についてご紹介します。

「CPC(Cost Per Click)」とは何か?

「CPC」とは、1クリックごとにかかる広告料金の単価です。

Webページやメールに掲載したテキスト広告やバナー広告などがクリックされ、サイトに訪問者が訪れると「CPC1回分の料金」が発生するという計算になります。一言で言い表すと、「クリック単価」になります。


「CPC」は配信規模や掲載方式などによって異なりますが、 1クリック10円~500円前後が相場となっています。

CCPがクリック課金型広告全般に対して使用されている一方、リスティング広告など「検索連動型広告」において使用されている用語が「PPC(Pay Per Click)」です。概念的にはCPCと共通しているので、覚えておくと役に立つでしょう。

「CPC」と「CPM」の違い

「CPM(Cost Per Mille)」は、「インプレッション(表示)1000回につきかかる費用」です。広告を掲載しているWebページがユーザーの画面に表示された回数をカウントします。インプレッションの場合、1回だと単位として小さいため、1000回を基準にしています。

「CPM」は、広告による認知効果が比較的高い傾向にあるテレビCMや大手メディア、またはソーシャルメディア広告で採用されることが多いです。

このように、「クリック」と「表示」という点で「CPC」と「CPM」は異なります。

まとめ

CPCは、単に表示された回数を測るCPMとは違ってクリックを基準にしているため、サイトへのアクセスの獲得効率を測る有効な広告効果指標といえます。

しかし、近年のネットユーザーの行動は、従来のバナー広告、検索エンジンに加え、ソーシャルメディアで共有された情報からのアクセスや検索など、多岐に渡っています。ユーザーの動きや、広告の目的をよく理解したうえで、最善の広告形式を選択することが重要です。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square