マーケティングにおけるF1層、M1層とは?

マーケティング活動の中で、「F1層」や「M1層」という言葉を聞いたことがある人も多いでしょう。F1、M1とは、テレビの視聴者層を年齢別に分け、ターゲットとして設定した分類のことで、広くマーケティング全般に用いられています。

 年齢層別ターゲットの区分

放送業界や広告業界では、ターゲット層を次の年齢層に分類しています。

  • C(Child,Kids)男女4歳(あるいは2歳)~12歳
  • T(Teen-age)男女13歳~19歳
  • F1(Female-1)20歳~34歳の女性
  • F2(Female-2)35歳~49歳の女性
  • F3(Female-3)50歳以上の女性
  • M1(Male-1)20歳~34歳の男性
  • M2(Male-1)35歳~49歳の男性
  • M3(Male-3)50歳以上の男性

年齢層でターゲットを分ける理由

あらゆる年代をターゲットにしたマーケティング、というのは存在しません。どんなに幅広い性別・年代に利用される商品やサービスであったとしても、それぞれの層で利用シーン、利用理由は変わってきます。

そのため、年齢層ごとにターゲットを分けての情報収集が必要です。

マーケティングで「F1層」に着目する理由

F1層には、トレンド(流行)に敏感・ドラマのターゲット層になりやすい・消費意欲が旺盛、といった特徴があります。このことから、多くの企業やマスコミは、F1層に着目したマーケティング活動を行っています。

まとめ

今日マーケティング活動に従事されるみなさんは、性別・年代といったデモグラフィック属性だけで分ける範囲のマーケティングでは、本当に狙いたいターゲット層に届かないという実感を持っているのではないでしょうか。

性別・年代だけでなく、様々な軸で顧客を理解しながらマーケティング活動を進めていくことが重要です。