HTTP502(Bad Gateway)の原因と対処法

HTTP500番台はエラーコードと呼ばれるステータスコードであり、主に管理者やサーバー側に問題がある時に返されます。また、このステータスコードはWebページにも見える形で表示されるため、早急な対処が必要です。

今回は、ゲートウェイに関係するHTTP502の原因や対処法を解説するので、確認していきましょう。

HTTP502(Bad Gateway)の意味

HTTP502は「ゲートウェイやプロキシが不正なリクエストを受け取った」という意味を示しています。不正なリクエストとは「リクエストを実行しようとした際、上位サーバーが何らかのトラブルで不正なレスポンスを送ってきた」という意味で、サーバー側に問題があることが多いです。

HTTP502の原因

HTTP502の原因として、サーバーの設定方法などが多く考えられます。

サーバーのパーミッションの数値異常

権限を操作するパーミッションの数値が正しいものになっていないと、うまくアクセスが出来なくなります。

スクリプトなどのトラブル

正しい設置方法をしないと作動しないスクリプトを使用しているのにも関わらず、設置場所を間違えていると、このコードが返ってくる場合があります。

HTTP502の対処法

HTTP502の対処法を説明していきます。

パーミッションなどの確認

パーミッションは正しい数値を入力できているか、文字コードはミスがないかなどを再度確認してみてください。原因が見つかる場合があります。

CGIの設置方法の確認

CGIの設置方法や必要なファイルについて、説明書を参考に照らし合わせて確認してみてください。

まとめ

エラーページが表示されると、削除されてしまったのだと勘違いをして、閲覧者が来なくなる恐れがあります。異常に気付いたら、早急にミスはないか確認しましょう。


イベント