O2Oとは?知っておきたいO2Oの事例

商品やサービスを販売する実店舗を持っていながら、一方ではネットワークビジネスを展開している企業は多いです。そのような会社はO2Oを行い、マーケティングを拡大する施策を行っています。今回はO2Oの意味と事例について紹介していきます。

O2Oとは?

O2OはOnline to Offlineを省略した言葉です。Onlineはネットワーク上の店舗を意味し、Offlineは実店舗を意味しています。ネットワーク上の店舗が実店舗の販売活動と連携して、実店舗での販売が有利になるようにする施策をO2Oと言います。

スマートフォンが普及する以前は、インターネットへアクセスできるのがオフィスや家庭にあるパソコンからだったため、インターネットを使った販売促進の取り組みは限定的でした。しかしスマートフォンの普及した現在は、消費者はいつでもインターネットとつながることができ、購買情報を容易に収集できるようになったため、店舗側もO2Oを積極的に活動するようになっています。

O2Oの事例

O2Oの具体的な事例を紹介します。

オンライン上でのクーポン

インターネット上でクーポンを無料配布や有料で販売し、実店舗で使用する方法です。たとえばリクルートやグルーポンが提供するクーポンは、期間や数量を限定して販売し実店舗で使用できるようになっています。

商品検索

TUTAYAでは商品やサービスをOnlineで検索できたり、割引のクーポンをオンラインで入手できます。

電子マネーのチャージ

楽天グループは電子マネー「Edy」のチャージをオンライン上で行え、実店舗で使用できるサービスを行っています。

まとめ

O2Oという言葉を聞いたことが無かったけれど、実はそのサービスをすでに使っていた、という人も多いのではないかと思います。実例のようにインターネットと実際の店舗を組み合わせると、利益向上の効果を簡単に測ることができます。