PPC広告とは?PPC広告とリスティング広告の関係

ウェブマーケティングでよく聞かれる広告の種類としてPPC広告があります。CPC広告、リスティング広告と似た言葉も多いので、混同したり、違いが明確でない人も多いと思います。そこで今回はPPC広告について紹介します。

PPC広告とは

PPCはPay per Clickの略称です。表示されている広告が実際にクリックされたときに費用が発生し、クリック数に応じて課金されます。広告主は、視聴率がわからない広告にたいして大きな費用をかけずに、宣伝できるというメリットがあります。

PPC広告とリスティング広告の関係

PPC広告と同じようなニュアンスで使用される言葉としてリスティング広告があります。リスティング広告とは検索エンジンの検索結果ページに掲載される広告のことです。例えばYahoo!で「UX MILK」と検索すると、検索結果画面にリスティング広告が表示されます。

検索結果また、リスティング広告はクリックされたタイミングで費用が発生します。そのためPPC広告の種類の中でも、検索結果ページに掲載される広告をリスティング広告と呼んでいます。

CPC広告

CPCとはClick per Costの略でクリック一回あたりの費用を示しますが、「CPC広告」という表現をした場合、PPC広告と同じ概念で使われており、明確な差はありません。なおYahoo!では、スポンサードサーチという独自の言葉を、リスティング広告の代わりに使っているようです。