【free】Linuxでメモリの使用状況を確認するコマンド

Linuxでメモリの使用量、ハードディスク内にあるスワップ領域の使用量を確認する場合は、freeコマンドを使用します。

Freeコマンドの使い方

Freeコマンドの書式は以下の通りです。

$ free [オプション]  

オプション

-bメモリの容量をバイト単位で表示します。
-kメモリの容量をキロバイト単位で表示します。
-mメモリの容量をメガバイト単位で表示します。
-s指定した秒間隔で表示を続けます。
-t物理メモリとスワップメモリの合計も表示します。
-Vバージョン情報を表示します。

使用状況を確認する例

freeコマンドを実行すると以下のような情報が表示されます。

$ free
             total       used       free     shared    buffers     cached
Mem:       8061116    7944800     116316        220       7172     105892
-/+ buffers/cache:    7831736     229380 
Swap:      2097148    2097148          0 

それぞれの項目の意味は以下の通りです。

項目名説明
Memメインメモリのサイズ (※1)
/+buffers/cacheページキャッシュとバッファキャッシュを含むメモリサイズ
Swapスワップ領域のメモリサイズ
total総容量(※2)
used使用量
free空容量
shared共有メモリ(プロセス間で共有できる領域のメモリ)
buffersバッファキャッシュ
cached ページキャッシュ

※1:メインメモリのサイズは、バッファキャッシュとページキャッシュを含みません。

※2:OSがディスクキャッシュ(ページキャッシュやバッファキャッシュなど)に使用しているメモリも含みます。

メガバイト単位で表示する例

freeコマンドはデフォルトでは容量がキロバイトで表示されます。メガバイトで表示したい場合は「-m」オプションを指定します。

$ free -m
             total       used       free     shared    buffers     cached
Mem:          7872       7749        122          0          3         89
-/+ buffers/cache:       7656        215 
Swap:         2047       2047          0 

物理メモリとスワップ領域の合計を表示する例

物理メモリとスワップ領域の合計も表示したい場合は「-t」オプションを指定します。

$ free -mt
             total       used       free     shared    buffers     cached
Mem:          7872       7750        121          0          3         89
-/+ buffers/cache:       7657        214 
Swap:         2047       2047          0 
Total:        9920       9798        121 

オプションを連続で記述することで複数のオプションを指定することが可能です。