MySQLでデータを更新する「UPDATE」

MySQLのUPDATE文を使うことで、テーブルに格納されているデータを更新することができます。

UPDATE文の使い方

UPDATE文の書式は以下の通りです。

UPDATE データベース名.テーブル名 SET カラム名="更新値" [WHERE 更新する列の条件]; 

UPDATEは指定したデータベースのテーブルを対象に、指定したカラムの値を更新します。WHERE句は省略可能ですが、その場合はすべてのデータに対して更新が行われます。

また、もしUSE文でデータベースを指定している場合には、データベース名を指定する必要はなくテーブル名のみ指定すれば更新が可能です。

データを更新する

以下はuserテーブルのroleがadminの行だけstatusを更新する例です。

UPDATE user SET status = 2 WHERE role="admin"; 

この例では事前にUSE文を使用してデータベースを指定しています。

また、以下はuserのIDが100以上のscoreを2倍する例です。

UPDATE user SET score = score * 2 WHERE ID >= 100; 

複数カラムの値を更新する

SETの部分に「,」を使用することで複数のカラムを同時に更新することができます。

たとえば、statusとscoreを両方とも0に設定する場合は、以下のように指定します。

UPDATE user SET status=0, score=0; 

イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square