YouTubeで360度動画を作る方法

インターネット環境さえあれば、誰でも無料で動画が投稿でき、閲覧できるYouTubeに、360度見渡せるパノラマ機能が追加されました。360度見渡せるパノラマ動画を、個人でYouTubeにアップロードすることもできます。

そこで今回は、専用のアプリを使った360度動画の作り方を説明します。

360度動画とは

360度動画は「全天球動画」「パノラマ動画」などとも呼ばれており、見る人が全方位好きな視点から見ることができる動画です。

パソコンでは、マウスやタッチパネルで操作して角度をかえることができ、スマートフォンではジャイロ機能を使って、向きや傾きなどを自由に変えることができます。

YouTubeで360度動画をアップロードする方法

YouTubeで360度動画をアップロードする方法を紹介します。

360度動画を撮影する

360度動画を撮影するために、まずカメラを用意しましょう。

%ef%bc%93%ef%bc%96%ef%bc%90

YouTube公式が対応しているカメラは、左からリコーのTHETA、KODAKのSP360°、ICRealTechのAlie、360HEROSのPRO10HDの4つです。

これらのカメラを使用して、パノラマ動画を撮影します。

メタデータを付与する

360度動画として再生させるためには、動画にメタデータを含ませる手順が必要です。360 Video Metadataというアプリを使ってメタデータを追加していきます。アプリはここからダウンロードしてください。

m9

ダウンロードが終わったらアイコンをクリックして起動します。

y2

黒い画面が表示された後、Click Open your 360 videosと英語で表記された画面が表示されます。Openボタンをクリックするとパソコンが開くので、そこから自分がアップロードしたい動画を選び、開くをクリックします。

y1

My video is spherical(360)にチェックをいれ、Inject metadataをクリックします。

y4

名前をつけて保存をします。

%ef%bd%995

最後に、Inject metadataが済んだ動画をYouTubeにアップロードします。長い動画だと1時間位かかることがありますので、時間を考えてアップしてください。

まとめ

360度動画は、機材とインターネット環境があれば、割と簡単に作ることができます。ちょっと面白い動画を撮りたいなと思ったら、是非チャレンジしてみてください。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square