Messenger(メッセンジャー)の既読マークはどこ?

Messenger(メッセンジャー)アプリといえば、メッセージのやりとりから画像の共有、無料通話もできる、とても便利なアプリです。しかし、せっかく送信したメッセージが読まれてないと不安になりますし、きちんと送れたのかと気になります。

そこで今回は、送信したメッセージが読まれているかどうかを確認する方法と、アイコンの意味を紹介します。

Messengerアプリのメッセージの既読を判別する方法

Messengerで送信したメッセージが読まれたかどうか、既読になったかどうかを判別するために、アイコンの意味を理解しましょう。まず、相手にメッセージが届くとメッセージの横にこのアイコンが表示されます。この状態は未読を示しています。

%e6%97%a2%e8%aa%ad

相手がメッセージを読むと、先ほどのアイコンが受信者のアイコン画像に変わります。受信者のアイコンに変化していれば、既読になったことがわかります。

%e6%97%a2%e8%aa%ad%ef%bc%92

Messengerで既読になったかどうかは、このアイコンの変化で判別することができます。これを覚えておけば、相手に届いているか、聞かなくてもわかるのでLINEのような感覚で使うこともできるでしょう。

既読にしたメッセージを未読に戻す方法

「一度読んでしまったけど、ちょっと訳があって未読に戻したい」なんてことがあった時に便利な機能があります。未読に戻す機能です。まず未読にしたい相手を、一覧から選んで長押しします。

%e6%97%a2%e8%aa%ad%ef%bc%93

一番下にある未読にするをタップすると未読状態になります。これはなるべく時間があまり経過しないうちにしないと、相手にわかってしまいますので、気を付けてください。

%e6%97%a2%e8%aa%ad%ef%bc%94

まとめ

MessengerもLINEと同じように、既読を確認することができます。気持よくやりとりをするためにも、メッセージを読んだらなるべく早めに返事をかえすことが大切です。



イベント