工数見積もりやスケジュール管理で参考になる記事10選

UX MILK編集部

モノづくりのヒントになるような記事をお届けします。

プロジェクトを遂行するためには、工数の見積もりやスケジュール管理が必要になります。正確な見積もりは難しく納期に間に合わなかったり、残業や休日出勤で埋め合わせたりした経験はありませんか?

今回は、より正確に工数の見積もるための手法や、差し込み作業を考慮したスケジュール手法などについて解説されている記事をまとめました。

マネージャー、エンジニア、デザイナーなどすべての方に参考なる内容だと思います。

開発の見積もりとスケジュール管理

estimation01

クックパッド株式会社の方が実践している見積もりとスケジュール管理方法について紹介されています。工数を見積もるステップや、スケジュールを立てるときの注意点、スケジュール管理の方法について学びたい方におすすめの記事です。

開発の見積もりとスケジュール管理

不安とストレスから解放される見積りとスケジュール方法

estimation02

開発をしているとき、納期に間に合わなかったらどうしようと不安になりがちです。その「不安」の根本的原因と対処法について詳細に説明されています。不安でストレスをためないプロジェクトの進め方の参考になります。

不安とストレスから解放される見積りとスケジュール方法

なぜ開発で見積り失敗して忙しくなりがちなのか

estimation03

この記事では筆者が「アジャイルな見積りと計画づくり ~価値あるソフトウェアを育てる概念と技法~」という本を読み、まとめたものが紹介されています。見積もりというのは不確実なもので、どうしても誤差が発生するものです。この記事では、その不確実性に備えるにはどうすればいいのかが考察されています。

なぜ開発で見積り失敗して忙しくなりがちなのか

開発者の仕事が遅いわけではない!納期が遅れるホントの原因

estimation04

この記事は海外の「Your developers aren’t slow」の記事を翻訳したものです。本当に納期に遅れる原因とは何なのかをデータを基に解説されています。プロジェクトを管理するマネージャーの方におすすめの記事です。

開発者の仕事が遅いわけではない!納期が遅れるホントの原因

初心者エンジニアにおすすめしたい「進捗どうなった?」と言われないための仕事の進め方

estimation05

新米のエンジニアやデザイナーの方がどのように仕事を進めればいいのかが紹介されています。タスクの見積もり方法から、上長への報告の仕方などが説明されています。初心者でなくても改めて確認しておきたい内容です。

初心者エンジニアにおすすめしたい「進捗どうなった?」と言われないための仕事の進め方

「人が足りない!」と気づいた頃にはもう手遅れ、スケジュールの遅れはどうすれば取り戻せるか

estimation06

追加人員を投入する場合に生じる課題や注意点が紹介されています。ただ人員を追加しただけでは、場合によってはさらにプロジェクトを遅らせる結果になる可能性があります。

「人が足りない!」と気づいた頃にはもう手遅れ、スケジュールの遅れはどうすれば取り戻せるか

2点見積もりが意外とうまくいった話

estimation07

株式会社DeNAのゲームの担当者が「2点見積もり」を導入した事例について紹介しています。2点見積もりとは最小工数と最大工数の2点で工数を見積もる手法です。「2点見積もり」の効果や実践方法について知りたい方におすすめの記事です。

2点見積もりが意外とうまくいった話

想定する見積をより正確に!工数見積の誤差を減らすPERT手法とは

estimation08

PERT手法とは楽観値、標準値、悲観値の3点で工数を見積もる手法です。この記事ではプロジェクトマネジメントのモデルのひとつであるPERT手法の実践方法と効果が紹介されています。

想定する見積をより正確に!工数見積の誤差を減らすPERT手法とは

「工数一日」は「明日できる」じゃない!エンジニアと非エンジニアのギャップとは

estimation09

エンジニアとマネージャーのコミュニケーションは難しいもので、その言葉の解釈にはときどきギャップが存在します。この記事ではエンジニアとのやり取りで気をつけるべきことを紹介しています。ディレクターやプロジェクトマネージャーの方におすすめの記事です。

「工数一日」は「明日できる」じゃない!エンジニアと非エンジニアのギャップとは

工数見積りの海を彷徨う

estimation10

この記事ではソフトウェア開発での見積もり手法について紹介されています。ソフトウェア(システム)開発ではIPAJUASが標準工期や各工程の割合などデータに基づいた指標をを無料で公開しています。この記事ではそのデータを基にどのような見積もりを行えばいいのかが考察されています。

工数見積りの海を彷徨う


イベント

2017/10/06(金)
UX School(全10回)