【groupadd】Linuxで新規のグループを作成するコマンド

groupaddコマンドで新規のグループを作成することができます。

groupaddコマンドの使い方

groupaddの書式は以下の通りです。

groupadd [-g -GID] グループ名

引数にはグループ名を指定します。

オプション

-g GID 指定したグループIDを付与する
-o 重複したグループIDを許可する
-p pass 作成するグループに指定した暗号化パスワードを使用する 

グループを作成する

以下は、 admin というグループを作成する例です。

$ groupadd admin

作成されたグループは/etc/groupというファイルに追記されていきます。

$ cat /etc/group | grep admin
admin:x:505:

グループIDは自動的に付与されます。グループIDのデフォルト値は/etc/login.defsファイルに記述されているGID_MINで設定されており、その値から重複しないように連番で付与されていきます。

また、既にあるグループ名を付けることはできません。

IDを指定してグループを作成する

グループIDを指定する場合は、「-g」オプションとグループIDを指定します。

以下は、グループID「3000」でグループ名「admin」でグループを作成する例です。

$ groupadd -g 3000 admin

「-o」オプションを付けない場合は、グループIDの重複はできません。

$ cat /etc/group | grep admin
admin:x:3000:

adminのグループIDが3000になっていることが確認できます。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square