【md5sum】LinuxでMD5のハッシュ値を計算するコマンド

LinuxでMD5のハッシュ値を計算するコマンドを紹介します。

MD5はハッシュ値を計算するハッシュ関数のひとつです。ハッシュ関数は同じ入力に対して、必ず同じハッシュ値を返す特徴があります。この特徴を利用して、ファイルが正しいものであるか確認することもできます。

md5sumコマンドの使い方

md5sumコマンドの書式は以下の通りです。

md5sum [オプション] [ファイル...]

md5sumコマンドは指定したファイルに対して、128bitのハッシュ値を計算して出力します。もしファイルを指定しなかった場合は、標準入力から読み込みます。

オプション

-c 指定したファイルからハッシュ値とファイル名の対応を読み込み、ハッシュ値が正しいか調べる
-t 指定したファイルをテキストファイルとして扱う
-w 指定したハッシュ値の書式が正しくない場合、警告を出力する

MD5のハッシュ値を計算する

以下は、ファイルのMD5のハッシュ値を計算して表示する例です。

$ cat sample.txt
hoge

$ md5sum sample.txt
c59548c3c576228486a1f0037eb16a1b  sample.txt

実行するとハッシュ値と対応するファイル名が表示されます。

以下は、標準入力から読み込む例です。入力を終了するときは「Ctrl+D」を入力します。

$ md5sum
hoge
c59548c3c576228486a1f0037eb16a1b  -

先ほど指定したファイル内容と同じ文字列を指定しているので、ハッシュ値は同じ値になります。

ファイルが正しいかチェックする

Ubuntuではインストール可能なイメージデータとMD5のハッシュ値を提供しています。

Ubuntuのイメージのダウンロードページから、「ubuntu-ja-16.04-desktop-amd64.iso」をダウンロードしたとします。このファイルに対応するMD5のハッシュ値はサイトに記載されており、この値と照合することによりファイルが正しくダウンロードされているかチェックすることができます。

$ md5sum ubuntu-ja-16.04-desktop-amd64.iso
76a02f16f56c01f96aeda325914432fd ubuntu-ja-16.04-desktop-amd64.iso

サイト上のMD5のハッシュ値と一致しているので、ファイルが正しくダウンロードされていることが確認できます。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square