【sleep】Linuxで指定した時間だけ処理を停止するコマンド

Linuxのsleepコマンドを使うことで、指定した時間だけ処理を停止できます。一定間隔ごとにコマンドを実行したい場合や、他のプログラムの終了を待つ場合に便利です。

sleepコマンドの使い方

sleepコマンドの書式は以下の通りです。

sleep 時間[単位]

引数には時間(数値)を指定します。また、時間の単位を指定することも可能です。

時間の単位

s
m
h 時間
d

時間の単位を省略した場合は、秒単位で実行されます。

指定秒数の間停止する

停止する秒数を引数に指定します。以下の例では5秒停止後にコマンドが終了します。

$ sleep 5

時間の単位を指定して停止する

sleepコマンドでは時間の単位を指定できます。以下の例では1時間処理を停止します。

$ sleep 1h

1時間は3600秒ですので、上の例は以下のコマンドと同じ結果になります。

$ sleep 3600

複数の時間を指定する

引数で複数の時間を指定した場合、合計の時間だけ処理を停止します。以下の例では1分30秒間処理を停止します。

$ sleep 1m 30s

停止後に別のコマンドを実行する

「;」を指定することで連続してコマンドを実行できます。以下は指定した秒数停止した後に別のコマンドを実行する例です。

$ sleep 1m 30s; echo "実行開始"

この例では1分30秒処理を停止した後にechoコマンドが実行されます。コマンドを遅延実行させたい場合に便利です。


イベント