【uname】Linuxでシステム情報を表示するコマンド

Linuxのunameコマンドは、システムのOS名やリリース番号、ハードウェア情報などを表示するコマンドです。

unameコマンドの使い方

unameコマンドの書式は以下の通りです。

uname [オプション]

オプション

-a すべてのシステム情報を表示する
-m マシンのハードウェアの種類を表示する
-n マネットワークノードのホスト名を表示する
-p マシンプロセッサの種類を表示する
-r カーネルのリリース番号を表示する
-s カーネルの名前を表示する
-v カーネルのバージョンを表示する

システムの情報を表示する

以下は、unameコマンドを実行した例です。

$ uname
Linux

オプションを指定しなかった場合は、カーネルの名前のみが表示されます。この結果は「-s」オプションで実行した場合と同じです。

すべてのシステム情報を表示する

すべてのシステム情報を表示する場合は、「-a」オプションを指定して実行します。

$ uname -a
Linux example.com 2.6.32-573.12.1.el6.x86_64 #1 SMP Tue Dec 15 21:19:08 UTC 2015 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux

左からカーネル名、ホスト名、カーネルのリリース番号、カーネルのコンパイル日時、プロセッサタイプ、ハードウェアタイプ、OS名がスペースで区切られて表示されます。

もしマシンのプロセッサタイプやハードウェアタイプが不明な場合は「unknown」と表示されます。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square