初心者でもわかる開放くん(ポート開放ツール)の使い方

開放くんはUPnPを使ってポート開放することができるフリーソフトです。開放くんの使い方は簡単で、パソコン初心者でも使用することができます。

今回は開放くんのインストールと、使い方について紹介します。

開放くんのインストール

UPnPはUniversal Plug and Playの略称で、機器を接続しただけでネットワークにも接続できるプロトコル(規約)のことです。複雑な設定をする作業が不要である、という特徴があります。開放くんはUPnPを使って簡単にポートを開放します。

まず、開放くんをここからダウンロードしてください。なお開放くんが対応しているWindowsのバージョンは、作者によるとWindows XPのみで、Windows XP未満は動作しないようです。インターネットの情報に、Windows7で正常に動作しているという報告もありますが、使用時は注意してください。

開放くんの使い方

開放くんをダウンロードしたら、Zipファイルを解凍して、フォルダの中にあるKaihoukun.exeをダブルクリックして実行してください。自分が開放したいポート番号を「ポート番号(P)」に入力し、「ポートを開く」を押します。

%e9%96%8b%e6%94%be%e3%81%8f%e3%82%93

画面にTCPとUDPというチェックボックスがありますが、最初はTCPでポートを開いてみてください。TCPはTransmission Control Protocolを意味しています。

UDPはUser Data Protocolの略で、UDPはTCPの比べ、パケットの順序や欠落を保証していませんが高速に動作することが特徴です。

TCPで開放できなかった場合は、UDPにチェックを入れて試して見てください。なお開放されたかどうかは、ここから確認できます。使用後は、「ポートを閉じる」でポートを閉じることができます。

まとめ

開放くんのインストールと使い方を紹介しました。ダウンロードしたらポート番号を入力するだけなので、非常に簡単です。ぜひ使ってみてください。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square