Windows・Macのクリップボードの履歴を便利にするアプリ

コピー・ペーストは、普段からよく使われるコマンドの1つです。コピー・ペーストを使用するときに、一度コピーしてペーストしても、なんとなく消してしまい、あとでやっぱり必要になった! なんてことは良くあると思います。

そんなときは、コピーしたものの履歴を保存しておくようなアプリがあると便利です。今回は、WindowsやMacのクリップボードの履歴を便利にするアプリを紹介します。

Windows用アプリClibor

Windows用アプリとしてCliborを紹介します。CliborはフリーウェアなのでVectorなどからダウンロードが可能です。こちらからダウンロードしてください。

ダウンロード後は解凍をして、「Clibor.exe」をダブルクリックしてください。何も表示されない場合は、インジケータを確認します。この表示がCliborの表示です。

1

コピーされた順番を示したいときは「Ctrl」キーを2回押してください。最近コピーした文字が表示されます。

Mac用アプリClipy

ClipyはClipMenuというソフトを、リメイクしたクリップボード拡張アプリです。ダウンロードはこちらから可能です。

3clipy

Clipyの特徴は、クリップボードの拡張がテキストだけでなく、画像にも対応している点です。またオープンソースなのでコードも公開されています。

バージョンを重ねるごとに不具合や操作性が向上しており、CPU使用率が100%になるとフリーズする点が改善されたり、最新のバージョンではファンクションキーのダブルタップでショートカットできる機能や、設定画面にβ画面が追加されたりしています。

まとめ

1回限りのコピーペーストが、何度も使えて編集でき、定形文もすぐに呼び出せるクリップボードを便利にするアプリを、WindowsとMac別に紹介しました。無料で使用することができるのもメリットです。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square