Webデザイナーの転職で必要になるスキル・経験

Webデザイナーと言っても、その業務は多岐に渡ります。どのような業務内容を担当するかは企業によって若干異なり、求められるスキルもまた異なってきます。

そのため転職をする時も、企業によってどのスキルをアピールするかを考えなければなりません。そこで、今回はWebデザイナーとして必要とされるスキルを紹介します。

デザイナーの職種・仕事

デザイナーと言われる職種について簡単に説明します。どこまでをデザイナーに含むかは曖昧としています。

UIデザイナー

Webサイトやアプリの見た目=UIのデザインを担当します。Webデザイナーと言う場合、多くの人が思い浮かべるのがこのUIデザイナーでしょう。

UXデザイナー

見た目のUIデザインだけでなく、サービス全体のユーザー体験の設計を行います。企画ができるデザイナー、またはデザインができるディレクター、インフォーメーションアーキテクトなどがUXデザイナーとなることが多いです。

コーダー・マークアップ

HTML・CSSを使ってデザインを実際のWebサイトにします。UIデザイナーと兼務することも多いです。

フロントエンドエンジニア

HTML・CSSに加えて、JavaScriptなどを扱いWebサイトの見た目に関わる全般の実装を行います。エンジニアという名前の通り、プログラミングの知識が必要になります。

アートディレクター

デザイン全般の責任者となる職種です。ディレクターとあるように、ほかチームやクライアントとコミュニケーションを取りながら要件を決め、各種調整を行うなどデザイン全般に関してのディレクションを担当します。

デザイナーに関するスキル

UIデザイン・モーションデザイン

基本となるUIデザインのスキルです。やはり最低限PhotoshopやIllstratorなどを使いこなすことが必要です。写真撮影やイラストCGなどのスキルもあると尚良いでしょう。ただし、必要最低限なのでこれだけで人材価値を高めるのは難しいと言えます。

また、最近ではアニメーションやモーションといった動きのあるUIデザインの重要性が高まっています。アニメーション・モーションを含めたよりインタラクティブなデザインができる人は重宝されるでしょう。

UXデザイン

よく「UI/UXデザイナー」と言われることも多いですが、UIデザインとUXデザインは別物と考えたほうが良いでしょう。

UXデザインでは画面の設計だけでなく、サービス全体としてのユーザー体験全般の設計を行います。情報設計、ユーザーテスト、ペルソナ、カスタマージャーニーなどUXの知識と経験が必要です。

コーディング・マークアップ

ワイヤーフレームやデザインカンプをもとに、HTML・CSSを使いWebサイトのデザイン作成します。今後のキャリアを考えると、HTML・CSSのマークアップスキルだけを強みとするのはやや心もとないです。

JavaScript

最近ではより動きのあるデザインや、Reactを使ったSPAやPWAなどのサイトの需要が高まっています。そのため、HTML/CSSに加えてJavaScriptとそのライブラリ、フレームワークの知識が求められています。

ディレクション

デザインの進捗管理や具体的な業務指示、他チームとの調整などを行います。またインハウスではなく受託開発の場合は、クライアントとのやり取りなども必要になるでしょう。

マーケティング

マーケティングの知識・経験はデザイナーにとって必須ではありませんが、最低限の基礎知識があるだけでも業務の幅は広がります。また、ABテストによるサイト改善などをデータを見ながら行えるデザイナーは非常に重宝されるでしょう。

デザイナーにとって将来性のあるスキル

今後のキャリアプランによって必要とされるスキルは大きく異なります。

・デザイナーとしてずっと現役でいる
・マネージャーになる
・ほか職種に転職
・フリーランスまたは事務所をつくり独立する

また、技術の進化も見逃すことができないポイントです。最近では、簡単なデザインであれば自動で作成できるようになっており、今後デザイナーは単に見た目をよくする以上の付加価値が求められるようになっていくことでしょう。

これらを踏まえた上で、10年後・20年後先を見据えてどのようなスキル・経験を積んでいくかを考えていくことが重要です。


イベント