アートディレクターとは?仕事内容と必要なスキル

アートディレクターとは

アートディレクターとは、デザインに全般に関するディレクションを担当する人のことを示します。一般的に、デザインに関する責任者になることが多く、デザイン部門のマネージャー的な役割を果たすこともあります。

また、アートディレクターと言ってもその業務範囲は、広告やミュージシャンのアートワーク、装丁デザイン、空間デザインなど多岐に渡ります。

仕事・業務内容

アートディレクターは、デザインに求められる要件をまとめてデザイナーに指示を出すのが主な仕事内容です。そのため、デザイナーとは違い実際に手を動かす比率は少なく、ディレクションやマネジメント要素の強い仕事です。

仕事内容
・デザイン要件のヒアリング
・デザインコンセプト立案
・デザイン全般に関する進捗管理

アートディレクターになるには

アートディレクターになるのは、まずデザインに関する実務経験が必要となります。そのため、未経験や新卒でアートディレクターになることは少なく、デザイナーがステップアップとしてアートディレクターになることが多いです。

また、スキルや経験があったとしても、アートディレクターの求人自体が少ないという問題もあります。

必要なスキル

アートディレクターとして必要なスキルは、大きく以下の2つです。

・デザインスキル
・ディレクションスキル

アートディレクターはデザイン全般に関するディレクションを担当するので、デザインに関するスキルと経験は必要でしょう。中には、実際に手を動かしてデザインの制作までするアートディレクターもいます。

ただし、デザインができるディレクターがアートディレクターになるというケースもあるので、デザインスキルは必要ですが絶対にデザイナー出身である必要はありません。

また、アートディレクターはクライアントや自社の関係部署の要望などを把握し、実際のデザインに落とし込んでいくディレクション能力が非常に重要となります。そのため、アートディレクターとして最も重要なのは、調整力とコミュニケーション力とも言えます。

年収・求人

先に述べたように、アートディレクターの求人は少ない傾向にあります。そのため、希望する条件のアートディレクターになるには、運とタイミングも必要です。

そして、気になるアートディレクターの年収ですがデザイナーよりはやや高い傾向にあります。ただし、年収の幅は400〜700万円で企業によってかなりバラつきがあります。年齢にもよりますが、500万円前後のことが多いでしょう。

アートディレクターとして有名な人

アートディレクターの中でも、最近有名な人を紹介します。

佐藤可士和

1965年生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒。いま最も有名なアートディレクターと言えば、佐藤可士和氏ではないでしょうか。博報堂を経て、自身のクリエイティブスタジオ「サムライ」を設立。現在は明治学院大学と多摩美術大学の客員教授もつとめています。手がけたデザインの中でも、SMAPのアートワークやセブンイレブンのコーヒーメーカーなどが有名です。

森本千絵

1976年生まれ。武蔵野美術大学卒。博報堂から博報堂クリエイティブ・ヴォックスを経て、2007年にgoen°主宰として独立。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科の客員教授もつとめる。広告、Mr.Childrenらミュージシャンのアートワーク、CM、空間デザインなど幅広くてがける。

長嶋りかこ

1980年生まれ。2003年武蔵野美術大学卒。博報堂を経てに入社後、ラフォーレ原宿の広告をはじめ、キリン「スパークリングホップ」のパッケージデザインを担当。2014年にデザイン会社「village®」を設立し独立。


イベント