Webデザイナーの求人に強いおすすめ転職エージェント

デザイナーが転職をする時によく利用されるのが転職エージェントです。デザイナーのように専門性が高く、企業からの需要も高い職種の場合は、転職エージェントを活用することで、転職活動を上手におこなうことができます。

そこで、今回は転職エージェントの活用方法とデザイナー職に強い転職エージェントを紹介します。

デザイナーの転職

Webデザイナー、DTPデザイナー、グラフィックデザイナー、プロダクトデザイナーなどデザイナーの種類は多岐に渡ります。また、WebデザイナーでもUIデザイナー、UXデザイナー、コーダーなど業務によって細分化していることもあります。

そのため転職エージェントに相談する時は、どのような業務内容を担当するデザイナーを希望するのか、新しい職場で身につけたいスキル、将来のキャリアプランなどを考えておくとよりスムーズでしょう。

Webデザイナーの転職に必要なスキルと経験
アートディレクターの転職に必要なスキルと経験

転職エージェントとは

転職エージェントとは、ウェブサイトなどから登録するとキャリア相談をはじめとした転職に必要なサポートをしてくれるサービスです。求人を出している企業から報酬をもらうため、転職希望者は完全無料でサービスを利用できます。

転職エージェントが提供するサービスは以下のようなものがあります。

  • キャリア相談
  • 求人の紹介
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 面接の対策
  • 給与交渉
  • 退職時のサポート

転職エージェントの流れ

転職エージェントを使った転職の流れは以下のようになります。

  1. Webサイトなどから登録
  2. 転職エージェントと面談
  3. 転職エージェントが企業へ推薦
  4. 推薦先企業で面接
  5. 企業から内定

多くの転職エージェントは、Webサイトに登録すると電話またはメールで面談の日を決めます。面談では希望条件や今までの経歴について相談し、条件に合致した企業の求人を紹介します。

その後、企業の面接を受け希望通りの企業から内定を貰えれば、晴れて転職となります。

転職エージェントのメリット・活用法

条件に合致した求人を紹介してくれる

自分の希望条件と、職務経歴に合致した求人企業を探すのは意外と大変なものです。さらに、いまどの企業が積極的に採用をしているかといった情報や非公開求人などを教えてくれるのもメリットです。

企業の情報を教えてくれる

転職エージェントは、実際に求人を出している企業から話を聞いているので、会社の雰囲気や環境などのウェブをはじめとした媒体ではわかりにくいことも教えてくれます。

履歴書・職務経歴書の添削や面接対策

履歴書や職務経歴書の添削をしてくれます。例え素晴らしい経歴を持っていても、それが企業に伝わらないと転職では意味がないので添削は非常に重要です。また、企業がいまどのような人材を求めているかを転職エージェントはヒアリングしているので、それに合わせた面接対策もしてくれます。

給与交渉などのサポート

交渉が苦手という人でも転職エージェントが代わりに給与交渉を行ってくれます。また、スムーズに退職するためのアドバイスなど転職する時に困ったらすぐに相談できる相手がいるのは大きなメリットです。

デザイナーに強い転職エージェント

今での実績や、抱えている求人数、専門性などから判断したデザイナーの転職に強い転職エージェントを紹介します。

リクルートエージェント

リクルートが運営する転職エージェントの国内最大手です。デザイナーやIT業界に特化はしていないですが、最大手だけあり圧倒的な求人数、ノウハウを誇ります。また、業種ごとに専門の担当が配置されているので、デザイナーが転職する場合でも安心でしょう。

DODA

人材業界の大手インテリジェンスが運営する転職エージェントです。リクルートエージェントに次ぐ、求人数を誇りIT業界の実績も豊富です。

ワークポート

IT/Web業界に特化した転職エージェントです。業界特化のため総求人数はリクルートエージェントやDODAに負けますが、転職相談実績25万人で常に15000件以上の求人を抱えています。業界に精通した転職コンサルタントが相談に乗ってくれるので、デザイナーとしても安心感があります。

Geekly

ワークポートと同じくIT/Web業界に特化した転職エージェントです。前述の転職エージェントと比べると求人数は少ないものの、エンジニアの転職にはかなり強いです。もちろん業界のことを熟知しており、トレンドなども把握しているためデザイナーの転職時にも登録しておいて損はないでしょう。


イベント