デザイナーを辞めたい時の失敗しない転職

誰しも一度くらいは「仕事を辞めたい」と考える時があると思います。そのような時はいきなり辞めるのではなく、まずは落ち着いてゆっくり今後について考えることが大事です。

そこで、今回はデザイナーが仕事が辞めたいと思った時に、役に立つ情報について紹介します。

デザイナーを辞めたい理由

デザイナーが仕事を辞めたい理由としては、以下のような理由が多いようです。

ポジティブ

  • 独立したい
  • スキルアップしたい

ネガティブ

  • 勤務時間、給与など労働時間
  • 人間関係
  • 仕事内容
  • 会社の将来性に不安
  • デザイナーの将来性に不安
  • デザインが好きではない

デザイナーの将来への不安

デザイナーもほかの職種と同じような理由が並びますが、特徴的なのは「将来への不安」です。ロールモデルとなる人が多くはないため、どのようなキャリアパスを歩むべきか不安に思う人が多いようです。

また、Webデザイナーの場合は、常に求められるスキルが変化しているので、いつまでキャッチアップできるのか不安を抱えてしまうこともあります。

デザイナーを辞めたい時の対処法

デザイナーを辞めたいと考えた時に、考えられる選択肢は大きく2つあります。

キャリアチェンジをする

現在のデザイナーという職種から、違う職種になるというパターンです。「デザイナーとしてやっていく自信がない」、「デザイナーの将来性に不安」など理由は様々ですが、デザイナーという仕事が性に合わないという人はいます。

そのような時は、思い切ってキャリアチェンジするのも良いでしょう。企業にもよりますが、社内での異動なども検討できるかもしれません。

また、デザインするのは好きだけど今の仕事は好きではないという場合は、違う業界のデザイナーになるという手段もあります。必要とされるスキルが似ている業界であれば、転職できる可能性も高いでしょう。

転職する

職種は変えずにデザイナーとして転職するというパターンです。デザイナーは、企業によって任される仕事内容や範囲が異なるので、職場を変えてみたら仕事が順調になるというケースもよりあります。また、職場環境や人間関係に不満を抱えているならば、まずは転職を検討してみるのが良いでしょう。

独立する

フリーランスまたはデザイン事務所を設立して独立するというパターンです。全ての人におすすめはできないですが、人脈とデザインスキルがある人であれば検討しても良いでしょう。

一度、フリーランスとして独立してから会社勤務に戻るという人も多いです。

デザイナーからキャリアチェンジする時の職種

デザイナーからキャリアチェンジする時の候補について、主にWebデザイナーからのキャリアチェンジの実例を元に紹介します。

Webディレクター

多くのデザイナーの人におすすめしやすいのがWebディレクターになるというキャリアチェンジです。同じチームで仕事をすることが多いため、仕事の進め方を知っているというアドバンテージがあります。異動でデザイナーからディレクターになるということもあるようです。

エンジニア

コーダーからフロントエンドエンジニアになるという人も少なくありません。スキルが必要なため誰でもエンジニアになれる訳ではありませんが、給料アップも見込めます。ただし、キャリアチェンジしたけど勤務時間や将来への不安は相変わらずということもあるので注意です。

事務職

女性デザイナーでハードワークに耐えられなくて転職を考えている人に多いのが事務職の希望です。ですが、未経験で中途となるとやや転職ハードルは高いため、契約社員や派遣社員となる人が多いです。

そのほか、デザイン学校の講師やライター、マーケッターになるというケースもあります。Webデザイナーは、同じIT/Web業界でのキャリアチェンジであれば比較的しやすいですが、異業種で未経験の場合はかなり転職ハードルが高くなります。

さらに、どの職種でも言えることですが年齢があがるにつれキャリアチェンジは難しくなります。

また、キャリアチェンジする場合は、デザイナーとしてのブランクが空くというリスクもあります。求められるスキル、経験が変化していくので、いざデザイナーに戻ろうとしても良い転職先がない可能性は考慮しておいたほうが良いでしょう。

まとめ

転職の成功・失敗はその人の考えにも左右されるため、一概には言うことができません。

まずは自分がとれる選択肢を考えてみて、それぞれのメリット・デメリットを考えると良いでしょう。もし選択肢があまりに少ない場合は、スキル・経験を積んでから再度検討するということも考えるのも1つの選択肢です。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square