被リンクとは?外部リンクと内部リンクの違い

SEO対策のために、重要な要素なのが被リンクです。検索順位にも大きくかかわってくる被リンクですが、外部リンクと内部リンクでは、意味が大きく異なります。

今回は、被リンクと関連する用語について紹介するので、確認してみてください。

被リンクとは

被リンクとはインターネット上のサイトやホームページから、リンクを張ってもらう事で、バックリンクとも言います。リンクを張った先のサイトからのアクセスが増える他、検索サイトで評価されやすくなるというメリットがあり、SEO対策の重要なポイントとなっています。

SEO対策とは

SEOとは、Search Engine Optimizationの略称で、検索サイトに合わせて自身のサイトの内容を整える事です。SEO対策を行うと、検索エンジンで関連ワードを打ち込んだ際にヒットしやすくなります。

主な対策は被リンクとサイトのコンテンツを整える事で、2011年頃までは、被リンクさえあれば上位に上がるようになっていましたが、被リンクだけを稼ぐ悪質なサイトが発覚した事から、コンテンツが最適である事と被リンクが張ってある事の2つが重視されるようになりました。

内部リンクと外部リンクの違い

外部リンクも、内部リンクも、被リンクの種類の1つです。張られているリンクの場所によって名前が変わってくるので確認してみましょう。

内部リンク

内部リンクは、サイト内からリンクを張る事です。例えば、ニュース記事を書いているブログがあった場合、”過去にはこんな事もありました”と自分の過去の記事にリンクを張る事を内部リンクと言います。

外部リンク

外部リンクは、異なるページに対してリンクを張る事、または異なるサイトに張られたリンクの事を言います。例えば、自分のブログページに商品紹介として、ショッピングサイトのリンクを張った場合は、外部リンクに当てはまります。

まとめ

被リンクはサイトのアクセス数を上げるために非常に重要なポイントです。しかし、内容はほとんどないまま、やたらとリンクを張り付けた悪質なサイトが増えた事から、近年では対策が行われています。中身を充実させると共に、上手に被リンクを活用していきましょう。


イベント