最低限覚えておきたい広告用語集

インターネットが広まった事から、近年ではweb広告を見かける事が多いのではないでしょうか? 個人でもネットを使って簡単に広告運用をすることができるなど、より身近になった広告ですが、実は専門用語については、意外と知らない方も多いかと思います。

改めて知識を確認したい方や、これから広告用語について知りたい方は、web広告の用語をまとめてみたので、参考にしてみてください。

広告の種類・サービス

AdWords

AdWords(アドワーズ)は、検索エンジンGoogleの検索ワードに応じて広告を表示させるサービスです。広告主は、表示させる広告とキーワードをGoogleに登録します。

検索サイトを訪れた利用者が、登録したキーワードに近い言葉を打ち込むと、登録した広告が出るという仕組みになっています。大手検索サイトとの連携で、興味のある単語に関する広告が表示されるので、宣伝効果の高いシステムです。

AdSense

AdSenseは、Googleに登録されたアドワーズ広告を、自分が運営するサイトに表示する事ができる広告プログラムです。広告がクリックされた回数、または広告が表示された回数に応じて収入を得る事が可能です。

AdSenseがウェブページの情報を読み取り、コンテンツにあったアドワーズ広告を表示する仕組みになっています。例えば、ファッションについての情報を発信しているサイトであれば、ファッションに関する広告が表示されます。

アフィリエイト広告

広告費用のかからない成果報酬型のインターネット広告の事です。運営者は自分のメールマガジンやウェブサイトに広告を掲載し、その広告をクリックした利用者がリンク先で買い物をしたり、会員登録をするなど、成果が上がるごとに報酬が支払われる仕組みになっています。運営者はアフィリエイトプログラムの導入が必要です。

PPC広告

Pay Per Clickの略称で、クリックした回数だけ費用が発生する広告です。掲載には費用はかかりません。

広告でよく使われる用語

ASP

ASPはアフィリエイトサービスプロバイダ、の略称で、アフィリエイト広告の配信事業者のことです。アフィリエイト広告を打ち出す広告主から委託を受け、購入実績や有料登録などの成果に応じて、広告を掲載したサイト主へ報酬を支払います。広告主からプロモーションを依頼されたり、サイト主に案件の紹介などを行います。

PV(ページビュー)

PV(ページビュー)はウェブサイト、またはウェブサイト内の特定のページが、利用者によって開かれた回数の事で、アクセス回数とも呼びます。閲覧回数を知るための指標となる数値です。似た言葉に「ユニークユーザー」がありますが、こちらは閲覧した人数のことです。

CPA

Cost Per Actionの略称で成果に対する1件あたりの支払額の事です。例えば、広告を見てサイトを訪れた人が、会員登録や買い物をすると支払いが生じます。実際に支払われた金額÷人数で1件あたりの金額を計算します。

CPC

Click Per Costの略称で、サイトへのアクセスを1獲得するのにかかるコストの事です。別名をクリック単価とも言います。

CTR

Click Through Rateの略称で広告が実際にクリックされる、またはクリックされた割合の事です。クリック数に対して広告数が表示された回数(クリック数÷広告の表示回数)で算出します。

CVR

Conversion Rateの略称で、webサイトへのアクセス回数、またはアクセス利用者のうち、何割が購入や有料登録といった最終成果に繋がるのか、を示す指標です。一定期間内の成果数をアクセス回数、ユーザーの人数で割って算出します。

 まとめ

最低限覚えておきたい広告用語集について紹介しました。自分のサイトに広告を掲載するとお小遣い稼ぎになる、という記事などよく見かけますが、気になる人は更に情報を調べて、自ら発信者や運営者になってみるのもいいかもしれません。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square