Trelloでガントチャートを使う方法

タスク管理ツールTrelloは、直感的に使えるUIが特徴で、日本でもユーザーが増加しています。タスクがCard(カード)形式になっていて、進捗に合わせて動かすカンバン型のため、時間軸で全体の進捗を確認するのが少し見づらいかもしれません。

そこで、Trelloで全体の進捗を確認しやすくするために、Trelloをガントチャート形式に表示してくれるChrome拡張(エクステンション)が登場しました。

ガントチャートが追加できるChrome拡張 (Elegantt  for Trello)

Elegantt for Trelloは、TrelloのBoard(ボード)表示の上に進行状況をガントチャートの表示を加えてくれるChrome拡張(エクステンション)です。 Elegantt for Trelloにアクセスすると、Install the Chrome Extensionボタンがあるので、クリックして、Elegantt for Trelloを追加しましょう。

1. Elegantt for Trello(Chrome拡張)を追加する

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-16-7-56-57

「Elegantt for Trelloを追加しますか?」が表示されたら、「拡張機能を追加」をクリックします。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-16-7-58-21

「Elegantt:Public Roadmap」が表示されるようになりました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-16-7-58-54

2. Trelloにガントチャートを表示させる

ガントチャートを表示したいBoard(ボード)に移動して、「Login with Trello」ボタンをクリックしてください。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-16-7-59-31

「Elegantt for Trelloがあなたのアカウントを利用することを許可しますか?」と表示されるので、「許可」ボタンをクリックします。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-16-7-59-53

Board(ボード)のList(リスト)の上に、ガントチャートが表示されるようになりました。Label(ラベル)が縦に並び、スケジュールが設定してあるCard(カード)がガントチャートになっています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-16-8-00-45

ガントチャートの表示形式も、Week(週次)、Month(月次)、Quarter(期)、Project(プロジェクト)のボタンで切り替えが可能です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-16-8-02-30

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-16-8-02-45

まとめ

直感的なUIのTrelloに、ガントチャート形式の表示を追加することで、ある程度大きなプロジェクトを、複数の人員で動かしている時の開発タスク管理などには役立つかと思います。

皆さんも試してみてはいかがでしょうか?