デザインに役立つドット・ストライプ柄の種類

洋服の模様からサイトの背景・装飾まで色々な場面で使われるドット柄とストライプ柄。様々な柄と組み合わせることにより、全体の雰囲気が大きく変わることもあります。そんな2つの柄に細かい種類があるのはご存知でしょうか?

今回は意外と知られていない、デザインに役立つドット柄とストライプ柄を紹介していきます。 

ドットの種類

ドットとは、「点またはそれに近い円」という意味です。デザイン業界では、地色に対し一定の幅で円や点を配置しているものを「ドット柄」と呼んでいます。

ピンドット

地色に対し、最も小さい点を配置しているドット柄です。遠目から見ると無地に見えたり、高級感や上品な感じを出したいときに便利です。シャツやブラウスの柄としてよく使われています。

リングドット

円の真ん中をくり抜き、ドーナツ状にしたドットを配置した柄です。見たことあるようで無い、珍しいドット柄です。シャツのボタンなどによく使われています。

スタープリント

ドット柄の応用として、星をちりばめたパターン柄です。大きさ・配置・色がランダムなものもあります。サイトの背景からカバンやポーチの裏地として使えたりなど、汎用性が高いです。

ストライプの種類

ストライプとは、英語で「しま模様」という意味です。実はこのストライプという言葉は、日本では縦向きの模様として認識されていますが、外国では特に区別はないそうです。

オルタネートストライプ

2種類の縦縞を交互に組み合わせたストライプ柄のことです。色や太さが違う場合があります。色の組み合わせとしては、白地に赤と青の縦縞、青地に黄色・紺色の縦縞が主に使われることが多いです。アメリカンな雰囲気を持っていて、シャツの柄などによく使われています。

レジメンタルストライプ

イギリスの連隊旗を模した右上がりのストライプ柄のことです。色の組み合わせとしては、紺地にえんじや緑が主に使われることが多いです。リボン・ネクタイなどによく使われています。

ミューテッドストライプ

ミューテッド(=muted)とは、「物の色調を和らげる・ぼかす」という意味があり、縦縞がぼんやりしてはっきりしない、曖昧な感じのストライプ柄です。浴衣の生地などに使われることが多いです。

まとめ

ドット柄やストライプ柄も使う用途に応じて様々な種類があります。フリー素材で配布されているものもあれば、IllustratorやPhotoshopなどのソフトを利用し、自分だけの柄を作ってみるのもいいでしょう。作りたいデザインに合った柄を見つけてみてください。