ブラックハットSEOとは?SEO対策で行ってはいけないこと

SEO対策を行うとき、必ず気をつけなければいけないのが、ブラックハットSEOです。

ブラックハットSEOと認識されるWebスパムを行ってしまうと、検索結果で上位に表示されないだけではなく、サイトの信頼性を損ねてしまうかもしれません。

どのようなWebスパムがブラックハットSEOになってしまうかもう一度確認して、良質なコンテンツ作りに役立ててください。

ブラックハットSEOとは

ブラックハットSEOとは、Googleが開示しているウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)を無視したSEO対策のことを示します。

検索結果で上位に表示されることだけを追及した、ユーザーにとって有益ではないサイト作成によるWebスパムは、ブラックハットSEOとして認識されてしまうのです。

ブラックハットSEOの具体例

ブラックハットSEOとして認識されてしまうWebスパムには、以下のようなものがあります。

①コンテンツの自動生成

②過剰なリンク交換

③隠しテキストや隠しリンク

④他サイトからの引用が大半を占めるサイト

⑤サイト内容に関係のないキーワードの詰め込み

どのWebスパムもGoogleの品質に関するガイドラインに違反するスパムです。Googleがこれらのスパム行為を発見すると、そのサイトはGoogleでの検索結果に表示されないようになります。

このようなスパムを防ぐためにも、自分のサイトの被リンクを確認したり、ハッキングされないように監視する必要があるでしょう。

ホワイトハットSEOとは

ホワイトハットSEOとは、ブラックハットSEOとは反対で、ウェブマスター向けガイドラインに違反していないSEO対策のことを指します。

ホワイトハットSEOの多くは、ユーザーのためにサイトを使いやすいものにしたり、オリジナルのコンテンツを豊富に記載したサイトを作成するなどの行為が挙げられます。

Googleは、ホワイトハットSEOを行うサイトが検索結果の上位に表示されるように検索エンジンのアップデートを何回も行っています。

検索エンジンのアップデートがそれぞれどのような目的で行われたのかを理解して、ホワイトハットSEOと認識されるサイトの条件をもう一度確認しましょう。

まとめ

サイト作成の際、意図的にはもちろんですが、無意識のうちにブラックハットSEOを行ってしまう可能性もあります。

ガイドラインや、ホワイトハットSEOの内容をもう一度確認して、良質なサイト作りに役立ててください。


イベント