Photoshop・IllustratorのデータをInDesignにペーストする方法

InDesignでページのレイアウトをする際、素材としてPhotoshopで画像編集したデータや、Illustratorで作ったデータをInDesign上で使いたいと思ったことはありませんか?

実は、InDesignではPhotoshopやIllustratorで作ったデータをそのままペーストすることができます。リンクが繋がっている状態であれば、後でデータを編集しても自動的にInDesignに反映することができます。

そこで今回は、Photoshop・IllustratorのデータをInDesignにペーストする方法をご紹介します。

Photoshop・IllustratorのデータをInDesignにペーストする方法

Photoshop・Illustratorで作った素材を用意する

まずは、PhotoshopもしくはIllustratorで作った素材を用意します。

InDesignから配置を選択

InDesignを起動し、新規ファイルもしくは既存ファイルを立ち上げます。そして、ファイル>配置をクリックします。

Photoshopのデータをペーストする場合

Photoshopのデータをペーストする際には拡張子「.psd」のデータを選択してください。その後、右下にある「開く」というボタンをクリックします。

InDesign上にペーストする

「開く」をクリックすると、カーソルの横に先ほど選択したデータのプレビューが出てきます。この状態のまま、ペーストしたい大きさまでドラッグ&ドロップをします。

ドラッグ&ドロップをすると以下のようにペーストすることができます。

Illustratorのデータをペーストする場合

Illustratorのデータも同様に、ペーストする際には拡張子「.ai」のデータを選択し、右下にある「開く」というボタンをクリックします。

Illustratorの場合も、カーソルに先ほど選択したデータのプレビューが出てくるので、ペーストしたい大きさまでドラッグ&ドロップをします。

そうすると、以下のようにペーストすることができます。

リンクが繋がっているか確認しよう

ペーストしたデータの左上をよく見てみると、鎖のようなマークがついています。これは、PhotoshopもしくはIllustratorとリンクしていることを示すマークです。

このマークの上で、Altキー(Macの場合:optionキー)を押しながらクリックするとリンクパネルが開き、リンク情報を確認することができます。

まとめ

このように、InDesignだけだと素材が作れない場合は、PhotoshopやIllustratorで作った素材データをInDesign上にペーストすることが可能です。ペーストした後で、素材を変更したり編集したい場合は、元データを編集するだけで自動的に反映してくれるのも便利な特徴です。ただし、元データの保存場所を変更してしまうとリンクが切れてしまい、繋ぎ直さないといけないので注意が必要です。


イベント