InDesignで画像を配置する方法

InDesignで画像を配置するとき、JPGなどの画像データやPhotoshop(PSD)・Illustrator(AI)のデータ、PDFデータなどの様々な形式のものを配置することができます。配置の仕方も様々で、用途に合わせて使い分けることができます。

そこで今回は、InDesignで画像を配置する方法をご紹介します。

InDesignで画像を配置する方法

画像を読み込むには?

InDesignで画像を読み込むにあたって、やり方が2つあります。

・直接InDesignにドラッグして読む込む方法

・ファイル>配置で読み込む方法

直接InDesignにドラッグして読み込む方法

デスクトップやフォルダから配置したいデータを選択し、そのままInDesignのドキュメントページにドラッグしていきます。

ファイル>配置で読み込む方法

メニューバーから、ファイル>配置を選択します。

配置したい画像データを選択します。この時、「読み込みオプションを表示」にチェックをいれておくと、配置する際の設定を決めることができます。読み込むデータによってオプションの表示の仕方が違います。

・JPGなどの画像データの場合

・Photoshop(PSD)データの場合

・Illustrator(AI)/PDFデータの場合・EPSデータの場合

それぞれ設定が完了したら、「OK」をクリックし読み込みます。

画像を配置するには?

読み込みができたところで、次に画像の配置をしていきます。配置方法もいくつかあり、

・画像を原寸大で配置する方法

・サイズ調整をしながら配置する方法

・あらかじめ作成したフレームの中に配置する方法

があります。

画像を原寸大で配置する方法

データを読み込むと、データのサムネイルがくっついたカーソルが表示されます。画像を原寸大で配置したいときは、このまま空いているスペースでクリックをします。

すると、画像が原寸大で配置されます。画像サイズによっては、作成しているドキュメントページより大きく表示されてしまうことがあります。その場合は、配置する前に画像のサイズを調整したり、トリミングなどの画像加工を行いましょう。


サイズ調整をしながら配置する方法

続いて、サイズ調整をしながら配置する方法をご紹介します。画像を読み込んだあと、先ほどと同様のカーソルが表示されます。

その後、ドラッグ&ドロップで表示したいサイズまでボックスを広げていきます。

広げた後は、そのボックスに合わせて画像が配置されます。

あらかじめ作成したフレームの中に配置する方法

最後に、あらかじめ作成したフレームの中に画像を配置する方法をご紹介します。まずは、フレームを作るために「長方形フレームツール」を選択します。

選択したら、ドラッグ&ドロップで四角形のフレームを作ります。

上記で記載した方法で画像を読み込みます。カーソルを先ほど作ったフレームの上に置き、クリックをします。

クリックすると、フレームの中に画像を配置することができます。

ここで気をつけたいのが、本来ならこの画像はこのぐらいの大きさがあるものです。

トリミングや一部だけ表示したい場合はこのままでもいいのですが、フレームの大きさは変えずに配置したいときは、以下の方法を試してみるといいでしょう。

フレーム調整オプションを使ってみよう

フレームの中に画像をすべて収めたいとき、「フレーム調整オプション」を使うと便利です。まず、調整したいフレームを選択します。

メニューバーから、オブジェクト>オブジェクトサイズの調整>フレーム調整オプションを選択します。

クリックすると、このようなダイアログが出てきます。ここでは、「コンテンツのサイズ調整」と「トリミング量」を決めることができます。

コンテンツのサイズ調整1:内容をフレームに合わせる

例えば、コンテンツのサイズ調整>内容をフレームに合わせる、トリミング量はすべて0mmにします。プレビューにチェックをいれるとリアルタイムで変更結果が表示されます。この設定にすると、画像はフレームにあっていますが、元々の画像比率が違うので若干画像がつぶれてしまっています。

コンテンツのサイズ調整2:内容を縦横比率に応じて合わせる

次に、コンテンツのサイズ調整>内容を縦横比率に応じて合わせる、という設定にしてみました。そうすると、フレームのサイズと画像の縦横比率は変わらず、フレームの中に画像が収まるような表示になりました。

コンテンツのサイズ調整3:フレームに均等に流し込む

続いて、コンテンツのサイズ調整>フレームに均等に流し込むを選択してみると、画像がフレーム内で中央揃えになり、はみ出した部分は表示されていません。

まとめ

今回はInDesignで画像を配置する方法をご紹介しました。InDesignにJPGなどの画像データやPSD、AI、PDF、EPSなどのデータも配置できるのは、とても便利な点です。レイアウトに合わせて画像を配置したり、あらかじめ作ったフレームの中に画像を配置できるので、自分のやり方にあった使い方をしてみるといいでしょう。


イベント