オーガニック検索とは?調べ方とSEO対策との関連性

検索エンジンを利用してキーワードを検索するとき、検索結果には広告枠とオーガニック検索枠の2種類が表示されます。

では、オーガニック検索とはどのようなもので、SEO対策とはどのように関わってくるのでしょうか。

この記事では、オーガニック検索について紹介していきます。

オーガニック検索とは

オーガニック検索とは、検索結果の表示画面から広告ページを除いた部分のことをいいます。

例として、Googleでの検索結果画面を見てみましょう。


上図のように、検索結果画面の一番最初に出てくるサイトが広告枠で、その下に表示されるサイトがオーガニック検索により得られたサイトとなります。

この広告枠に表示されるサイトの順位はお金によって決まりますが、オーガニック検索は各検索エンジンの持つ検索アルゴリズムによって決定されます。

また、サイトのURLの下に表示されている、緑色の枠に囲まれたページの概要が書かれている短いテキストは「スニペット」や「meta description(メタ ディスクリプション)」と呼ばれます。

ページの概要を紹介しているため、わかりやすいmeta descriptionを作成することはオーガニック検索からのクリックを狙う上で重要になってくるでしょう。

オーガニック検索の調べ方

自サイトがオーガニック検索によりどれほどの集客を実現しているかを知るためには、Google Analyticsが便利です。

Google Analyticsでは、オーガニック検索による自サイトへの訪問率の他にも、どのようなキーワードでのオーガニック検索が多いかなども調べることができます。

Google Analyticsは、Googleアカウントがあれば利用できるサービスなので、ぜひ試してみてください。

オーガニック検索の増やし方

では、どのようにしてオーガニック検索を増やせば良いのでしょうか。

オーガニック検索を増やすためには、検索結果のより上位に表示される必要があるでしょう。そして、検索結果のより上位に表示されるために行う施策のことを「SEO対策」といいます。

つまり、オーガニック検索の増やすためには、SEO対策を行うのです。

現在のSEO対策は、被リンクとコンテンツSEOが中心となっています。どちらも、目標は「質の高いコンテンツをユーザーに届ける」ということなので、良質なコンテンツ作りがオーガニック検索を増やすための基礎となるでしょう。

被リンクやコンテンツSEOについては、ぜひこちらを参考にしてみてください。

まとめ

オーガニック検索からの集客数を増やすためには、検索結果の上位に表示される必要があります。

そして、これはSEO対策の目的と一致するため、オーガニック検索の増やし方は「SEO対策を行う」ということになります。

Google Analytics などのWeb解析ツールを上手に活用して、効率的なSEO対策を行いましょう。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square