データフィード広告とは? 2種類の広告タイプにおける仕組みと強み

最近注目されるようになったWeb広告のひとつであるデータフィード広告。そもそも、データフィードとは何か? また、データフィード広告にはどのような種類や強みがあるのでしょうか。今回はデータフィード広告について説明します。

データフィード広告とは

データフィードとは、自社の商品やサービスの情報を広告配信先のフォーマットに自動で変換して提供することです。横断的な広告配信を可能にします。また、データフィードの技術を駆使し、ユーザーの訪問履歴や検索に合わせて配信することが可能です。

データフィード広告の強み

データフィード広告としては以下のことが挙げられます。

  • ユーザーをターゲティングできる
  • マーケターの業務が効率化される

データフィード広告の種類

一般的なデータフィード広告の種類を2つご紹介します。

Criteoのデータフィード広告

データフィード広告配信において、日本国内でトップのリーチを誇るフランスの会社です。あらゆる種類のレコメンド広告が出せます。例えば、旅行サイトでパッケージツアーを眺めたあと、別のサイトの広告枠で自分の見たページが表示されているような広告です。


レコメンド広告が出やすい商品やサービスには以下のようなものが以下の例があります。

  • ECサイト・通信販売
  • 旅行
  • 不動産
  • 人材(アルバイト求人サイト等)

Criteoの仕組み

仕組みとしては、Criteoに商品データを提供(データフィード)をし、Criteoから提供されるタグをサイトに設置してユーザーの情報を追います。

詳しく知りたい方はこちらをご参照ください。

Criteo 公式サイト

Criteoの強み

Criteoの強みとしては以下のことが挙げられます。

  • Yahooに広告を出せるのはCriteo のみ
  • 広告配信先はYahoo、Google のみならず、Facebook、食べログ、MSN等さまざま
  • 個人に合わせたバナー広告を配信できる
  • バナーから商品詳細ページに直接アクセスでき、CV効果が高い

Google商品リスト広告(PLA)

これは、Googleの検索結果画面に画像・商品名・価格・ブランド等の情報を表示することができる広告サービスのことを言います。たとえば、Googleに「財布 レディース」と入れて検索すると商品の画像とともに価格やブランド等が表示される広告です。


PLAの仕組み

PLAを使用するためには、以下のことをする必要があります。

  • 「Googleマーチャントセンター」と呼ばれるところに、自社の商品をデータフィード
  • マーチャントセンターにリンクするAdWordsのアカウントの作成

すると、AdWords側が商品リスト広告用のキャンペーンを作成してくれます。

詳しくは以下のサイトをご参照ください。

Google Merchant Center ヘルプセンター

Adwordsヘルプ ショッピングキャンペーンの作成

Merchant Center 登録ガイド

PLAの強み

強みとしては以下のようなことが想定されます。

  • 画像を入れることで目に付きやすく、クリック率が上がる
  • 価格などの情報も同時に確認でき、購入率が上がる
  • キーワードを検索している購入意欲の高いユーザーにアプローチができる